ストーカーによる凶悪な犯罪がたびたび起きる一方、報道されない規模のストーカー被害も急増中で、2016年の警察への相談件数は2万件を超えているという。さらに注目すべきは、SNSを通じて出会った相手にストーキングされる例が増えていること。ストーカー問題に対処するNPO法人「ヒューマニティ」の理事長で、『ストーカー 「普通の人」がなぜ豹変するのか』(中公新書ラクレ)の著者である小早川明子さんに「ストーカーにならない、させない」ための予防策を聞いた。

SNSの爆発的な普及もあって、ストーカー問題への対応は一筋縄ではいかなくなっている(写真はイメージ)

  ◇   ◇   ◇  

 私の事務所には、ストーカー被害に悩んでいる人が毎日のように相談に訪れます。

 警察庁の統計では、ストーカー被害者の男女比は1対9ですが、私のところに来る相談者の内訳は女性と男性がほぼ同数、つまり加害者の半数は女性です。男性加害者がプライベートな場所で暴力性を発揮する傾向があるのに比べ、女性加害者は職場など公的な場所を狙い、押しかけたり罵詈(ばり)雑言を浴びせたりする傾向があり、攻撃性の高さ自体に男女の違いはあまりないと感じます。 

 桶川ストーカー殺人事件(1999年)や三鷹ストーカー殺人事件(2013年)などの凶悪犯罪はメディアで大きく報道されますが、これらはまさに氷山の一角で、ストーカーが引き起こす問題や事件は実に多種多様です。なかには、これまで1500件を超える相談にのってきた私でさえ、「えっ、こんなことがあるの!?」と驚くような事例もあります。そうした例を2つほど紹介しましょう。

ネットで出会い、何度かホテルで会ううちに…

 インターネットで出会った男性からストーキング被害を受けているという女性の相談を受けました。この男性は20代・無職で、ほとんど自宅にいて、性関係の相手を探していました。性関係といってもセックスの相手を求めているのではなく、ただひたすら女性の裸を眺めていたいというのです。それに興味半分で応じたのが相談者でした。彼女は、男性が性的能力に問題を抱えていると思い、同情した部分もあったといいます。何度かホテルで会い、絵描きのモデルのように裸になりました。

 6回目に会ったときに、男性から「交際してほしい」と申し込まれました。女性が「恋愛感情はないので交際するのは無理です。友達ならいいですが」と答えると、「友達でもいいのでずっと付き合ってほしい」と言われ、お互いに住所も知らないので大丈夫だろうと思って、了承しました。

 その後、女性に恋人ができました。「恋人がいるので、もうホテルで会うのはやめましょう」と告げると、男性は「約束が違う。友達にはホテルで会うことも含まれている」と反論、それからは毎日のようにLINEで連絡が入り、無視していると、「裸の写真をネットにアップする」と脅されました。知らないうちにホテルで写真を撮られていたのです。

 それから3年以上も二人はLINEでやりとりを行ったといいます。こうした場合は警察に相談すべきなのですが、写真の存在を恋人に知られてしまう万一の可能性を恐れ、女性は何もできないままでした。このままでは自分はどうにかなってしまうのではないかと不安になり、私のところにやってきました。

 経緯を聞いたとき私は、ホテルで裸を見せる男女の関係を「友達」というのか、と心底驚きました。とはいえ、何かしら手を打たなくてはなりません。