オレオレ詐欺に騙されないためには

 俳優の鈴木亮平主演のNHK大河ドラマ『西郷どん』。1月7日の初回が放送されると、NHKには「方言がわかりにくかった」という声が数多く届いたという。

 ネット上でも、“薩摩ことば”の聞き取りにくさを指摘する書き込みが続々。正月のクイズ番組では、鹿児島県で振り込め詐欺の被害が少ない理由として、方言が難しく本人になりすませないから、という回答が紹介された。

「ないごっじょ?(どうしたの?)」といった難解な方言もあるが、鹿児島県警生活安全企画課の担当者は、

コテコテの方言を使うのはご年配の方です。他の地域とちょっと語尾が違ったりする方言もあるので、聞き取りにくいようなこともありますね。若い方が使うのは少ないので、逆に若い人に方言を教えましょう、という取り組みも、地元ではあるようですけどね

 と鹿児島弁の難しさを語る。

 ニュースサイト『しらべぇ』が調査した『方言が難しい都道府県ランキング』を見ると、鹿児島は全国で第6位にランクインしている。それほど、難しさが知られているのだ。

 方言の難しさに加え、振り込め詐欺に騙されないための全国的な取り組み『合言葉作戦』も実施している。

「親子間で取り決めをして、合言葉を決めて本人かどうかを見極めるものです。標準語の人と話すときは方言が飛び交うことはないかもしれないですが、家族であれば方言で会話をする。ならば合言葉自体を方言にしてみてはどうかということですね」

 と、前出の県警担当者が言葉によって本人かどうか見極めるための取り組みを明かす。