『ヤバイTシャツ屋さん』 左から、もりもりもと(ドラム、コーラス)。こやまたくや(ギター、ボーカル)。しばたありぼぼ(ベース、ボーカル) 撮影/渡邉智裕

「ゲスの極み乙女」、「SEKAI NO OWARI」、「凛として時雨」など……。最近、変わった語感や表記のバンド名を耳にすることありませんか? 名前もサウンドも超個性的なロックバンドを、本誌独断でセレクトしてみました!!

ヤバイTシャツ屋さん

 1月10日に2枚目のフル・アルバム『Galaxy of the Tank-top』をリリースしたばかりの“ヤバT”は、’13年に大阪芸術大学で結成。

大学の先輩から“これからヤバイTシャツ屋さんに行こうぜ”と誘われたときに、そのフレーズがすごい耳に残ったので」(こやま)

 と語感とノリでバンド名を決めたそう。

 関西弁、ダジャレや英語をちりばめた“ヤバイ”歌詞をときに激しくときに切なく奏でる自称メロコアバンド3人組だ。

「Tシャツ自体に、特別な思い入れがあるというわけではないんですよ」(もりもと)

 ドラマーらしくどっしりとそう話しつつもライブ用だという、ある“ヤバT”の存在を明かすと「あれイヤや~。気持ち悪い」と突っ込んだのは、しばた。

 楽曲に入り込む彼女のハイトーンなボーカルは、絶妙なアクセントをつけている。

バンド結成当初から、いつかは紅白に出たい! それを目標にしていました

 と、あのNHKの歌番組での演奏を目標としている。

 新譜の売り上げも発売1日で前作の1週間分を記録して、オリコン週間アルバムチャートで初登場4位とイケイケの3人。

「CDが売れなくなっている時代と言われているからこそ、CDの売り上げ枚数にはこだわっていきたい」(こやま)

 そんな熱弁と、冗談半分の宣伝文句「50代女性がターゲット」は決して“ヤバイ”ものではない!