多様化する読書スタイルのなか、声に出して読むことによって新たな発見もあるという“朗読”。各地でイベントも盛況な朗読の魅力をお伝えします!

朗読だから得られる新しい発見の数々「朗読稽古屋ことつぎ」

 昨年放送のNHKドラマ『この声をきみに』では、朗読をきっかけに竹野内豊演じる主人公の頑(かたく)なな心がほぐれ、新たな一歩を踏み出す姿が描かれた。この制作に協力したのが、『朗読稽古屋ことつぎ』を主宰するウエムラアキコさん。

“何かを表現したい”、“美しくしゃべりたい”と考えている方は多い。特別な道具や知識が必要ない朗読は、ちょうどいいのだと思います。またドラマのおかげで、身近なものだと感じていただけました」

 取材時、グループレッスンには20〜60代の男女が参加。きっかけは「仕事で読むのとは違う本を、声に出して読みたくなって」など、さまざまだ。

グループレッスンの様子

 発声練習から始まり、詩や童話の朗読が続く。アットホームな雰囲気のため初対面でもあまり緊張せず、解釈についての意見を交わせる。役者の卵に会社役員と参加者の職業は幅広く、日常で会わない人と話せるのもいい刺激だ。

『朗読稽古屋ことつぎ』主宰のウエムラアキコさん

 朗読の魅力について、

嫌いな作家の作品も、声に出して読めば作者の思いが心にストンと落ちることがあります。聞く側としては“こんな意見や読み方があったのか”などのとらえ方ができるのがおもしろい。また最初は恥ずかしくても、“その先には隠れていた自分がいた!”という発見がある方は多いです」 

 とウエムラさん。なかには、会話が大の苦手だったのに自分の思いを伝えられるようになり、電話応対コンクールに出場した人も。

 気軽に楽しめる朗読。みなさんも体験すれば、新たな自分が見つかるかも!?