「いつでもどこでも、0円で、シワやたるみがケアできる」と話題の“顔ヨガ”。興味はあっても、実際には「忙しくて……」「なかなか続けられない」という人も多いのでは? 実は、もっとも顔ヨガをするのにふさわしいタイミングこそ“ながら”なんです! 朝、昼、夜にできる選りすぐりの“ながら”顔ヨガをご紹介します!

顔ヨガ講師の間々田佳子さん。「ながら顔ヨガ」の最中にはこの表情が一変して──

  ◇   ◇   ◇  

 顔の筋肉を縦に横にと動かすことで、たるみが引き締められると話題の“顔ヨガ”。ユニークな表情を、テレビや雑誌で見かけたことのある人も多いのでは?

 そんな顔ヨガ講師として大活躍中の間々田佳子さんに、コツを聞いてみました。

顔には約60の表情筋がありますが、現代の日本人はその2割しか使えていないと言われています。使われていない筋肉は衰えて血行が悪くなり、たるみにつながります。だから、ちょっとずつでもこまめに、まんべんなく筋肉を動かすことが大切。それには、“ながら”が最適なんです!」(間々田さん)

 実は、間々田さん自身も顔ヨガは“ながら”で行っているそう!

「毎日、顔ヨガをしていますが、レッスン時間以外はすべて“ながら”です。顔ヨガをいつでもどこでも、移動しながら、テレビを見ながら、お風呂に入りながらなど、ちょっとした合間の時間で行っているんですよ」

 しかも、顔ヨガを“ながら”で行うことで、こんなメリットもあるとか。

「時短はもちろん、何かの行動や道具と顔ヨガのポーズを頭の中で結びつけることで、習慣化しやすくなります。2週間ほど続けるうちに、条件反射のように、そのものを見るだけで無意識に顔ヨガのポーズをしたくなってくるはずです」

 間々田さんによると、日常のあらゆる場面で、ながら顔ヨガをするチャンスにあふれているそう。しかも、時間帯によって、ぴったりの顔ヨガがあるのだとか。

朝は、起きてベッドの中で伸びをしながらや歯磨きをしながらなど、身支度をしながらできる顔ヨガを。しかも、顔の筋肉全体をウォーミングアップし、効率よく脳を活性化できるポーズがおすすめ。シャキッと目が覚めて、日中に豊かな表情をつくりやすくなります。昼は、過ごし方に応じて気になる悩みを解消できるポーズを。夜は、お風呂やベッドでリラックスしながら、1日の表情のこりや緊張をときほぐす、ゆったりとした動きのポーズがおすすめですよ」

 気になるお悩みを解消できる顔ヨガポーズをみなさんの生活スタイルに合わせて取り入れていけば、無理なく続けられそう。

「用意するものは一切ナシ。いつでもどこでもできて、お金もかかりません! それでいて、高級エステに負けないくらいの効果が実感できるんです。今回紹介する“ながら顔ヨガ”は、身の回りにあるものをフル活用。道具とポーズがリンクすると、より効果を実感しやすくなります」

顔ヨガで顔の筋肉を動かし、血行がよくなると、クマやくすみの改善に効果的。さらに、静脈のすぐ近くを流れるリンパの流れもよくなるので、老廃物をきちんと排出することができ、むくみやくすみもすっきり! 顔ヨガでどんどんキレイになってくださいね」