向井理 撮影/廣瀬靖士

「悪い役をするのは数年に1度ぐらいあるのですが、楽しいですね。もう王道の恋愛作品を演じるほど、キラキラした感じでもないのかなって(笑)」

『逃げるは恥だが役に立つ』『カルテット』など、話題作が続くTBS火曜10時枠で放送中の『きみが心に棲みついた』。吉岡里帆演じる、挙動不審なヒロイン“キョドコ”を支配する冷酷な男・星名を演じているのが向井理(36)。

 これまでの爽やかなイメージとのギャップが大きいこともあり、放送後はSNSで“怖すぎる!”といった意見も多いが、本人は楽しんでいる様子。

台本は毎回楽しく読んでいますよ。“殺すよ”なんて言葉、普段は絶対に言えないですから。でもいくら演技とはいえ、女性に対して直接手をかけるアクションがつくと、やはり申し訳ない気持ちになってしまいます。言葉責めだけなら楽しんでいますが(笑)」

 現場では、さりげなくフォローしたりするんですか?

「役柄の関係性的に、緊張感が崩れてしまってはいけないので、あえて言わないようにしています。でもどこかで罪悪感を感じているのか、帰りの車の中で毎回モヤモヤしていますね(笑)」

 笑顔で冷酷な言葉を浴びせまくる星名はイメージとは正反対だが、意外にも役づくりはあまりしていないとか。

「星名のようにキャラクターが立っている役柄って、演じる側からすると実は王道で、そこまで難しくないんです。だから変にイジらず、真正面から演じていますね。でも普段、人に見せない顔をするときに、首元を触るという癖は原作にはない僕のアイデア。そういうわかりやすい仕草を取り入れることで、あざとくキャッチーに伝わればいいなと思っています

 吉岡里帆演じる“キョドコ”はねじねじ巻きのストールが手放せませんが、そんなアイテムはありますか?

「腕時計。この仕事って特殊な職業なので、きちんと社会とつながっていたいという気持ちがどこかにあるんです。撮影が続くと、曜日の感覚もわからなくなってきますから。亡くなった祖母から成人式のお祝いで腕時計をもらって以来、時間を感じて生活したいという理由で腕時計は欠かせません。コレクションなどは特にしていなくて普段、愛用しているのも国産のものです」