ドラマ『隣の家族は青く見える』 (c)フジテレビ

 妊活する夫婦を主人公に、集合住宅で繰り広げられる、さまざまな隣人家族との悲喜こもごもを描いたヒューマンドラマ。ヒットプロデューサーが、思わず涙したドラマの魅力とは─。

4組のカップルの葛藤に
視聴者が感情移入&共感

 マイホームの購入をきっかけに、妊活に励む夫婦を深田恭子と松山ケンイチが好演中。舞台は近年、話題になっている集合住宅・コーポラティブハウス。

 深田が演じる五十嵐奈々、松山が演じる大器夫婦と同じコーポラティブハウスに住むのは、事実婚カップル(平山浩行、高橋メアリージュン)、男性同士のカップル(北村匠海、眞島秀和)、夫が失業中でも2人の娘との家族4人の幸せを装う夫婦(野間口徹、真飛聖)。それぞれに違った悩みを抱える家族たちが葛藤、成長する姿を描いたヒューマンドラマ。

 完全オリジナル作で、脚本は『ラスト♥シンデレラ』『ディア・シスター』『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』などのヒット作を手がけた中谷まゆみによる。

「作品の反響は、例えば“深田恭子ちゃん可愛い”など、演者さんの魅力が大きいのですが、話数とともに、物語自体にどっぷりハマっている方も。公式サイトで募集している妊活や子育て、近所付き合いの体験談でも、ご自身の経験を語る方が非常に増えています。感情移入して、“あるある”“わかる!”などと共感していただけているのは、制作者冥利に尽きます」

 と、中野利幸プロデューサー。“キャスティングが絶妙”と評判で、その理由については、

「脚本が演者さんに合わせた、あてがきなのに加え、松山さんはじめ、演技に定評のある方が多いからだと思います。奈々と親しげに話す朔(北村)を、妻を愛するあまり、子どもっぽくにらみつける大器の演技などは、松山さんのアドリブ。最近は松山さんと話していると、大器としゃべっているような気になります。

 深田さんも奈々に入り込んでくださっていて、演じているうちに泣いてしまうことも。脚本には“泣く”などと書いていないのに、自然に涙が流れるようです。おふたりは以前、夫婦役で共演(大河ドラマ『平清盛』)されていることもあり、今作でも密にコミュニケーションをとっているようで、撮影現場でも、よくおしゃべりしています」(中野P、以下同)