超新星 ゴニル おかえりなさい!

 一昨年から4人(ゴニル、グァンス、ジヒョク、ソンモ)が入隊中の超新星。ユナクとソンジェが4人の帰ってくる場所を守り続ける中、いちばん最初に兵役を終えたゴニルが、除隊記念イベントを開催! ひさびさの“ゴニル節”に大笑い&うっとりした2時間をレポート。

「みなさん、お久しぶりです。君たちは−−(会場からファンクラブ名「MILKY WAY!」のコール)、僕はゴニルです。ただいま!

 除隊直後よりも、すっきりした笑顔でステージに現れた超新星のゴニル。除隊から約2週間後に開催された今回のファンミーティング『Gream』(2月8日)までに、“ファンのみなさんに会うために”と、3~4キロやせたそう。

イベント名の“Gream”は、みなさんと会う日が(入隊中の)夢だったので、Dream(夢)の頭文字をGに変えたものです。韓国語で“グリム”は、絵を描くという意味があって、僕の好きなペインティングの意味も合わせて名付けました」

 特別なイベントのためにつけた名前の意味を解説。そして、入隊中の639日を写真で振り返る。

「はぁ~。やっぱり、こういう時間って、すごく大切だなと思いました。長く、辛い、寂しい時間ですけど、男に成長させてくれた。行かなかったら、どうだったろうと想像してみると、行ってよかったと思います」

 入隊前と変わらない流暢な日本語でトークが進んでいく。ゴニルが所属していた“白骨部隊”は、特に厳しい訓練を行うことでも有名な部隊。

「マックスで-27度くらいになることもあって、ヒートテックみたいなものを7~8枚重ね着してから、軍のジャケットを着て訓練するんです。1回、しもやけになったことがありました。(会場からの驚きの声に)なんで? なっちゃいけないんですか(笑)?

(感覚を取り戻すために)わざと(足の指を)壁にぶつけたりもして。あと、18人1部屋で寝るんですが、いびきをかく人がいて……。僕は、かかない! ソンジェに聞いたらわかりますよ」