JUNHO(From2PM) 撮影/廣瀬靖士

 夏をメインにソロ活動を行ってきたJUNHOが、初めて冬にソロミニアルバムをリリース! さらに誕生日に発表するという特別な意味を持つ作品を通して、これまで聞けなかったJUNHOの思いを、いつものようにテンポよく語ってもらいました。

 さらにシャープになったフェイスラインと、久々の黒髪で「お願いします」とお辞儀しながらスタジオに入ってきたJUNHO。“イ・夏”というキャッチフレーズがつくほど、ソロ活動は夏をメインに続けてきた彼の6枚目となるミニアルバム『Winter Sleep』は、初めて冬にリリースする作品。さらに、誕生日(1月25日)に発表した記念作となった。

――昨年夏の取材より、全体的に小さくなられた気がします。

「はははは、ちっちゃくなったって(笑)。韓国で主演したドラマ『ただ愛する仲』の役づくりで7キロくらい体重を落としました。でも、ソロデビューミニアルバム『キミの声』のときのほうがやせていたんですよ」

――黒髪も新鮮ですね。

「けっこう、久しぶりです。映画『二十歳』のとき以来だから、3年ぶりくらいかな。今回のミニアルバムでまわる全国ツアーのために黒くしました」

――ドラマの撮影と並行して作業されたミニアルバム。ものすごく忙しかったんじゃないんですか?

「半端なかったです(笑)。僕はもちろんですが、スタッフのみなさんも苦労してくれたおかげで、特別な日にお届けすることができました。僕自身だけじゃなく、ファンのみなさんへのプレゼントにもなったんじゃないかなと思って、とても幸せな気分です」

――今回も作詞、作曲、アートワーク、ミュージックビデオとご自身でプロデュースされたんですよね。絵本をイメージしたジャケット写真がとても素敵です。

「想像していたものをうまく表現できるか、不安もあったんです。でも、写真を絵のように加工して、冬のイメージがよく出ているものに仕上がりました。ポスターにして家に飾っておきたいくらい気に入っています(笑)。収録曲も、夏に発表してきたものとは違う、しっとりしたなかにも力強さのあるものを選びました」

――タイトル曲『Winter Sleep』は、疲れた心を癒してくれるミディアムテンポの温かい作品。自分自身との対話をモチーフにつくったとお聞きして、歌詞の内容が特に気になりました。

「アーティストや俳優ではない自分が、芸能界に生きる自分に語りかけるような、そんな歌詞になっています。それと同時に、多くのみなさんの気持ちを代弁しているとも。日常を忙しく生きていると、ときには、休みたい、遊びたいという気持ちになることもあるじゃないですか。そんなとき、動物が“冬眠”するように、力を蓄える時間をつくろうよと語りかけているような内容です」