女性が引きずられた瞬間 水色の傘を持ったまま横たわる女性の足が見える

「キキーッて車がすごいスピードで走っていく音がして、女性が“あー”と叫び声をあげたと思ったらドンと何かがぶつかる音がしたんです」

 ひったくり現場近くの建設会社に勤務する女性(29)は、ビルの内部にまで届いた生々しい異常音をそう振り返る。

ひったくりの暴力性が増している

 2月1日の昼ごろ、東京・葛飾区の路上で、現金1000円が入った手提げバッグをひったくられた68歳の女性が、犯人が運転する軽トラックに30メートルほど引きずられる事件があった。

「外に出ると女性が倒れていて、“バッグを取られた”と動揺していました。郵便局に行く途中だったようで、女性の手のひらは擦り傷で真っ赤。頭も打ったようでした。軽トラックは電柱にこすったみたいですよ」(前出・女性)

犯人に話しかけられているところ

 別のひったくり事件で逮捕された40代の男が、関与を供述しているとする一部報道がある。女性は全治3日の軽傷ですんだが、一歩間違えば……。

 犯罪心理学者で東京・足立区の防犯専門アドバイザーを務める東京未来大学子ども心理学部長の出口保行教授は、

「以前のひったくりは自転車の前カゴから盗っていくものが主でしたが、最近は暴力性が増し、手口が荒っぽくなってきている。強盗致傷ですよ」

 横浜・青葉区では昨年9月、自転車で帰宅中の男性(61)が、肩にかけていたショルダーバッグをオートバイの男にひったくられそうになったはずみで転倒し、右足の骨を折るなどの重傷を負った。

 1月23日には千葉県流山市で、ひったくりをしようとした中学生2人に、パート女性(59)が木製バットで背後から尻を殴りつけられるという荒っぽい傷害事件も起きた。

 前出・出口教授は、

「ひったくりや強盗は、自分の姿を被害者にさらして、力ずくで奪う原始的な犯罪。逮捕されるリスクと自分が失うものを予測できない人が多い」

 と短絡的な発想しかできない犯人像を明かす。

 警察庁の統計によれば、全国で昨年発生したひったくり認知件数は2894件。2007年の2万3687件と比較すると、10年間で約2万件減少。