WINNER(左から)ミノ、スンユン、スンフン、ジヌ 撮影/坂本利幸

「お久しぶりです」

 2年半ぶりに再会した本誌を迎えてくれたWINNERの4人。

 収録曲『REALLY REALLY』が1億(※1)ストリーミング再生を突破したニューアルバム『OUR TWENTY FOR』をリリースしたばかり。

(※1)音声などをダウンロードしながら聴くこと

スンユン「たくさんの方に聴いていただけて、本当に光栄です。ファンのみなさんがいなかったらできない記録。感謝の気持ちがいちばん大きいです」

スンフン「『REALLY REALLY』はスンユンくんを中心に曲作りをしました。僕たちのような世代が経験している恋や初恋を歌詞にしたくて、日本の映画をよく見ましたね

 以前より、グッと上達した日本語で話す。多くの曲の作詞・作曲にメンバーが参加している彼らに『REALLY REALLY』の歌詞にある、それぞれの“心を盗んだ犯人”について聞くと、

ジヌミノくんは『亜人』だよね

ミノ「マンガです!! ウェブサーフィンしていたら偶然見つけて」

スンユン「ハマっちゃったミノくんは、昨日の夜、ぜんぜん寝てないんです。僕は、タイトルがちょっと難しい映画で……、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』!! 現実的には不可能な恋なんですよ。でも、3回見て、3回とも泣きました

スンフン「僕も見たけど……」

スンユン「スンフンさんの好みじゃなかったみたい」

スンフン「僕には感情がないのかも(笑)」

ジヌ「韓国で出演した映画でピアノを弾くシーンがあったんです。ピアノに心を盗まれたので、本格的にレッスンを受けてみたい」

スンフン「僕は、作曲。もともと作業することがあまり得意じゃなかったんですが、今回のアルバムで作曲した『RAINING』を初めてファンのみなさんに披露したら、喜んでくれたので、もっと作曲を頑張ろうと思いました