舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第28回は三浦宏規さんが財木琢磨さんを指名! 『週刊女性』本誌(2018年3月6日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

※この記事は2018年1月12日に取材したものです。

左から三浦宏規、財木琢磨 撮影/森田晃博

財木琢磨はけっこう寂しがり屋!?

――昨年のクリスマスイヴは、『真剣乱舞祭2017』の中国公演中で、二人で過ごしたそうですね。

財木 一緒に風呂に入りながら、神里優希に電話するっていうね(笑)。

三浦 ハハハ。語り継がれるやつ(笑)。

財木 俺の部屋でゲームしてて。宏規が「部屋、戻るわ」って言ったときに、俺は自分の部屋とか家に誰かに居てほしいから、「え! 居てよ」って言ったら、「じゃあ、居るわ」って言ってくれて。そのまんま泊まって、「風呂沸いたぞ~、入ろう~」って(笑)。

三浦 「いいよ」って(笑)。

――財木さんはけっこう寂しがり屋?

財木 う~ん。

三浦 俺も相当寂しがり屋なんですけど、しのぐね(笑)。

財木 ハハハ。でも最初に「何してるの?」って言ってきたのは宏規だから。

――ホテルの部屋は広かったんですか?

財木 普通より少し広い部屋で、お風呂も足が伸ばせるくらいだったし、ベッドもキングサイズだった。

三浦 うん、超キング。4人寝れるくらいの。

財木 そう、そこに2人で寝て。寝心地良かった~。

三浦 あの広さでひとりはちょっと寂しかったよね。