全焼した住宅を調べる千葉県警。周囲の住宅への延焼はなかった

「よし子の遺体とは21日に葬儀会社で対面しました。真っ黒焦げで頭に包帯が巻かれていて、熱かったね、苦しかったねって声をかけてね……」

頻繁に出入りする若い男女

 そう声を絞り出すのは、20歳の男女3人と16歳の少女に焼き殺された無職・海老原よし子さんのいとこの女性(59)だ。沈痛な面持ちで、

「最初に聞いたときは、なんでなんで……って感じで。まさかこんな死に方をするとは思いもしませんでした」

 2月17日夕、千葉県印西市で木造プレハブ平屋建てが全焼する火事が発生した。

「午後4時半くらいだったかなぁ。トイレに行った妻が、“隣が燃えている”って叫んだので、すぐに119番通報をしたんです」

姪の運動会を見に行った30歳ごろのよし子さん

 と隣家の70代の男性住人。反射的に考えたことは、

「お姉ちゃん(よし子さん)、逃げたかなって……」

 焼け跡から、身元不明の焼死体が発見された。DNA鑑定の結果、よし子さんであることが判明した。

 数週間前から近所の住民は、よし子さんの家に頻繁に出入りする、場違いな雰囲気の若い男女の姿を目撃していた。

「2月10日には、逮捕された20歳の女の子が窓から家に入るのを見ました」

 そう証言するのは60代の女性。70代男性は、

「シルバーの軽自動車が止まっていましたね。誰の車なんだろうと思いましたけど」

 畑や民家が広がり、商店もないのどかな一帯に突如、現れた若い男女の姿。よし子さんとの接点は?

 取材の過程で両者を結びつけた人物が浮かび上がってきたが、その人物に言及する前に生前のよし子さんの暮らしぶり、人となりを─。