石丸幹二 撮影/廣瀬靖士

 人間の“善”と“悪”という誰もが持っている心の深い部分へと迫る名作を、フランク・ワイルドホーンのダイナミックな楽曲でミュージカル化した『ジキル&ハイド』。父を助けたいという思いと野心、探究心に駆られ、自らを実験台に人間の心から“悪”を切り離そうとしたジキル博士は、やがて自分の生み出したハイドという悪の人格に苦しめられていく。

 この作品で3度目のジキルとハイド役に挑む石丸幹二さんは「ハイドを演じるのが楽しくてしかたないんです。そう言うと語弊があるかもしれませんが」と笑う。

「ハイドというのは、誰しもが心の中に持っているネガティブな面が実在化したもの。面白いのは、ハイドには何も制約がない、という点なんです。好き放題に何をやってもいいキャラクターで、社会のルールも何もないわけですよ。だからいちばんストレスのない人間としているべきなんだ、とワイルドホーンに言われました。だからジキルの中から出てきた途端、高笑いになる。解放された彼は“自由だー!”と叫ぶんです」

 なるほど、何のルールにも縛られず、倫理や制約から自由な存在になれたら楽しいはず。でも、そんなハイドにも弱点がある。

「ハイドが唯一、抵抗を感じるのはジキルの存在なんです。ジキルに心を寄せているルーシーという女性がいて自分に対してはつれない。それで嫉妬と怒りが湧き起こってくるんです。楽しいだけの存在であるはずが、自分の欲しいものを奪おうとするもうひとりの自分がいるわけで。だからジキルを潰(つぶ)したくなるんですが、そうすると、自分を殺すことになってしまう。そこにハイドの葛藤があり、不自由さを感じるようになっていくんですね