大切なのは「カカオ含有率」

 世界の最新医学論文から、現役医師の気になるトピックをお届けします。

3欠片のチョコレートが血圧を下げる?

 生活習慣病を診る医師、とりわけ循環器内科(心臓の内科)の医師の間では、チョコレートが体に様々な良い効果を示すことは、広く知られています。

 つい先日参加した学会でも、食生活についてのセッションでチョコレートが取り上げられていましたし、世界的な心臓病の教科書「Braunwald Heart Disease」にも、「1日6.3gのダークチョコレートを摂ると、血管の機能が改善し、血圧が下がる」と書かれています。

 よくある板チョコが1枚50g程度ですから、6.3gだと3欠片くらいでしょうか。仕事の合間につまむにはちょうどよい量かもしれません。

 ちなみに、過去の研究で体に良い作用があると言われているのは、ホワイトチョコレートではなく、ミルクチョコレートでもなく、「ダークチョコレート」です。尚且つ注意していただきたいのは、商品名に「ダークチョコレート」と書かれていても、それ即ち「健康に効果がある」とは限りません。

 チョコレートの健康作用はカカオによるので、大切なのは「カカオ含有率」。勿論ダークチョコレートはミルクチョコレートよりもカカオ含有率が高いのですが、見るのは商品名ではなく、「カカオ含有率」。数値の目安としては、「カカオ濃度70%以上」を、「健康に効果があるとされる」チョコレートと考えるとよいでしょう。

一ヶ月に約半分の板チョコが心臓に効く?

 さて、今回、チョコレートを取り上げたのは、最近チョコレートについての新たな論文がでたのでそのご紹介と、産婦人科医の友人との会話の中で、「チョコレートが健康に良いことは意外と医師の間でも知られていないのかな…?」と感じたことがきっかけでした。