(c)日本テレビ

 広瀬すず主演、脚本家・坂元裕二によるオリジナルのヒューマンドラマ『anone』(日本テレビ系 水曜 夜10時~)。『Mother』『Woman』に続く坂元作品第3弾。水田伸生監督ら前作スタッフが再結集し、坂元ワールドを作り上げている。

広瀬、10代最後の主演
坂元ワールドで好演

「タイトルには、広瀬さんが演じるハリカの口ぐせ、ハリカと心を通わせる亜乃音(田中裕子)の名前、そして語感のよさなど、さまざまな意味があります。

 広瀬さんには、“10代最後の連続ドラマ主演作に、持っているものを全部ください”とお願いしました。そのうえで、今までに見たことのないような彼女の魅力を開花させたいと思ったんです。髪をベリーショートにしてもらったのも、そのひとつ。この先も初めて見せるような表情、魅力がお楽しみいただけます」

 と、次屋尚プロデューサー。脇を固めるのは田中裕子、瑛太ら坂元作品に欠かせない役者や第1希望の配役で全員、出演を快諾。

「出演者の年齢が若干高いので、現場は明るくワイワイしているわけでも静まり返っているわけでもなく、大人の雰囲気。そこで、若い広瀬さんが冗談を言ったり物語の今後について話したりしていることはあります」(次屋P、以下同)

無関係だったハリカ、亜乃音、るい子、舵は、亜乃音の家で家族のように暮らすことになったが……。(c)日本テレビ

 物語は中盤を過ぎたが、結末を知っているのは、坂元だけ。

田中さんは『Mother』出演オファーのときは、(役作りのため)物語の行方を知りたいとおっしゃっていましたが、本作では“大丈夫。みんな同じ船に乗っているから”と。小林(聡美)さん、阿部(サダヲ)さんも、“どんなものでも来い”という感じ。瑛太さんは、台本がギリギリでも“覚悟しています”と(笑)」

 坂元脚本ならではの仕掛けも。例えば小林が演じる、るい子は初回で“刑務所帰りの放火犯”を自称、小林もその気で演じていたそうだが、実はウソだったことが、第4話で明らかに。

「これは後づけの設定ではなく、坂元さんの計算があってのこと。家族から見放され自暴自棄になっていたるい子を、“刑務所帰り”の気分で演じてもらって間違いはないんです。本作には、そういったウソがどれだけ隠れているかわかりません(笑)」