“山田編集長”こと山田英司氏。ブルース・リーの国内における版権を管理する有限会社フル・コム代表取締役としての顔も持つ

『カリ』(フィリピン武術)で学んだことは確実に生きていると思います。武器が不可欠な時代劇の殺陣は、ひと目で武器の鍛錬をしているかがわかります。

 簡単に言えば、下手な人は手で動くため剣の重さに振り回されてふらつくけども、うまい人は体幹で動くため、ぶれずに早く動き出せるんです。

 いくら演技がうまくても、殺陣が下手だとちょっと残念ですよね

 “殺陣”についてそう解説するのは、数々の格闘技雑誌を創刊し、自らも中国武術などを実践、研究する山田英司氏。格闘技界では“山田編集長”として知られる有名人だ。

 現在はカリやジークンドーをはじめ、あらゆる格闘技や武術を発信、学ぶことができる道場『BUDO STATION』も主宰している。

 そんな山田編集長が冒頭で「うまい」と唸ったのが、昨年公開の映画『関ケ原』で主演を務めた岡田准一。3月2日の『第41回日本アカデミー賞』では、同作で優秀主演男優賞を受賞した。

 『永遠の0』で最優秀主演男優賞、『蜩ノ記』で最優秀助演男優賞を受賞した第38回。『海賊とよばれた男』で優秀主演男優賞を受賞した第40回に続いて、3回目の出席となった岡田。

 今回、『関ケ原』で好演したのが主役の石田三成だ。

「実は武芸に秀でていたという三成の一面をクローズアップし、殺陣や乗馬のシーンに力を入れて岡田さん得意のアクションを生かしたのです。

 また実際に、三成公のお墓参りをするなど、徹底した役作りと準備においては彼の右に出る役者は少ないと思いますよ」(映画配給会社関係者)

 岡田といえば、ドラマや映画において自らアクションをこなすことで知られている。