板谷由夏 撮影/伊藤和幸

 ’15年にニコール・キッドマン主演で、イギリス・ウエストエンドで大ヒットした舞台『フォトグラフ51』が、ついに日本に初上陸する。今作は、実在の女性科学者、ロザリンド・フランクリンの生涯を描いた物語。科学の分野において、まだ女性の地位が認められなかった1950年代にDNA構造の研究に没頭するロザリンド。イギリスの研究所を舞台に、彼女を取り巻く5人の男性研究者との駆け引きがスリリングに展開する人間ドラマだ。

 自らの目標に向かって、強い意志と情熱を持ってまっすぐに突き進むピュアなヒロインを演じるのは板谷由夏さん。多くのドラマ、映画で活躍する彼女だが、意外にも舞台は今回が初挑戦。

この作品のお話をいただいたときに、“やらなきゃ”と思ったんですね。それは、たぶん直観でしかない気がします。今までも特に舞台を避けていたわけではないんですよ。どの仕事もそうですけど、やはりご縁だと思います。でも、ニコール・キッドマンが演じた役だというのは後から知ったので、驚きましたけど(笑)」

ひとつのことに夢中になれる人は魅力的

 研究に人生を捧げる科学者、ロザリンドとはどんな女性なのか。

「思っていたよりも女だったんだなという感じがしました。科学者だからとか、この時代だからとか、周りが男性ばかりのなかで頑張らなきゃいけなかったとか……。そういう生きざまがあればこそ、彼女自身はたぶんすごく女性らしい人だったんじゃないかと思うんです。戦わなければいけなかったけれど、内側に“女なのに”みたいなものはあったのだと。私はそういう人物像を作りたいなと思いました。

 実は、この役が決まってから、ずっとひとりで悶々(もんもん)と人物像を探していて。関連する本を読んだり、妄想したり、台本を読んでもなかなかつかめなかったんです。それが先日、稽古(けいこ)に入る前の顔合わせと本読みがありまして。いきなり台本がむくっと立ち上がった感じがして、立体的に見えてきたんです。自分自身のキャラクターも、5人の男性のキャラクターも、イキイキしだして。いつもは本読み顔合わせは緊張しますし、すごく苦手なんですけど。今回はストーンとそこにいられて、いろいろなことが吸収できたので、すごくいい導入になりました」

 ロザリンドを演じるうえで大切にしたいことは?

ひとつのことに夢中になれる人って、魅力的じゃないですか。研究に没頭するロザリンドの姿は、女のくせにとか彼女の才能に対する嫉妬心があったとしても、きっと同僚の男性陣にも魅力的に見えたはずなんです。そういうロザリンドの信念や一生懸命さが、舞台上で出せたらと思います」