『特命刑事カクホの女』主演の名取裕子

 名取裕子が麻生祐未と凸凹コンビを演じる連続ドラマ第2弾。対照的なおばさん刑事が事件解決と犯人確保(カクホ)に迫る。最終回を控え、主演の名取が、これまでを振り返った撮影の舞台裏とは──。

最終話2時間スペシャル
すべての謎が明らかに

最近、私たちの世代が楽しめるドラマが少ないせいか、友達からの反応がすごくて。“(高橋)克典さんカッコいい”とか“あの人が怪しい”とか、いろいろ言われています。事件の謎解き、サスペンス、人情にグルメまで、今の時代ともリンクした内容で考えさせられることも多く、奥行きの深い作品だと思います

 と、主演の名取裕子。

 名取演じる北条百合子は元警視庁の内勤警官だったが、定年目前に神奈川県警の刑事部に異動。叩き上げ刑事の三浦亜矢(麻生祐未)との凸凹コンビで、犯人確保(カクホ)に迫る、秦建日子のオリジナル脚本。

 百合子が異動してきたのは、パートナーの晋作(鶴見辰吾)の殉職事件の真相を探るためで、第一発見者の亜矢を疑っていた。

「流行りの熟年婚じゃないですけど、老後を一緒に過ごそうと思っていたパートナーを殺された百合子。演じるにあたっては、恨んでいるはずの亜矢と仲よくしていいのかしら? などいろいろ考えました。亜矢はいつもクールで、ひとりになったときだけ悪夢にうなされ、苦しむという一貫性があります。

 でも百合子はシリアスな面もあるけれど、根が天然で、いつもはおとぼけ。亜矢より10歳年上のおばさんの気持ちになるためシーンごとに思ったことを楽しんで演じ、“ハッスル”といった言葉を使うので、ちょっと昭和の人のイメージです(笑)」

 名取と麻生は、4年前に同局『マルホの女~保険犯罪調査員~』でも凸凹コンビとして共演、今作でも息はぴったりだ。

祐未ちゃんは蒼い炎のように静かで、演技に集中、余計なことはいっさいしない。
 逆に私は、余計なことしかしていない。便所の100ワットだから。無駄に明るいの(笑)

 演技以外にも、巨大鍋で豚汁を作ったり、果物やお菓子、手作りのホットサンドイッチを差し入れたり、身体を温めるショウガ入りの紅茶を持って行くなど、座長として共演者やスタッフに気遣いをみせる行動に驚くが、

「“これは女優の仕事ではないですね”と。私はまかない担当スタッフのほうが向いているのかも(笑)」