テレビを見ていて「ん? 今、なんかモヤモヤした……」と思うことはないだろうか。“ながら見”してたら流せてしまうが、ふとその部分だけを引っ張り出してみると、女に対してものすごく無神経な言動だったり、「これはいかがなものか!」と思うことだったり。あるいは「気にするべきはそこじゃないよね〜」とツッコミを入れたくなるような案件も。これを、Jアラートならぬ「オンナアラート」と呼ぶことにする。(コラムニスト・吉田潮)
ドラマ『ホリデイラブ』でハマリ役を好演する松本まりか

 

オンナアラート#10 松本まりか

 今期ドラマで、最も強烈な薄気味悪さを発揮している女は誰か。

 間違いなく、テレビ朝日の金曜ナイトドラマ『ホリデイラブ』(毎週金曜よる11時15分)の松本まりかである、と断言する。甘ったるいのに妙にメリハリのあるアニメ声、ゆる巻き上品ロングヘア、色は盛らないナチュラルメイク、手の甲まですっぽり隠すふわふわニット、白やピンクを基調にしたファッション……「モテ」と「男ウケ」を意識した、わかりやすい見本と思うのだが、とんでもねえホラー級の女なんだよ、これが。

 ホラー女優と言えば、むしろ主演の仲里依紗だ。キュートなエロスと、悪意や殺意といった負の感情を具現化する手練れの女優なのだが、今作では「浮気される妻=サレ妻」を演じている。そもそも、里依紗見たさに観始めたはずなのに……。

 前半は、単身赴任中の夫・塚本高史に浮気され、怒りと悲しみを表現する里依紗に見入っていたのだが、途中から塚本の浮気相手である松本まりかが私の心に棲みついた(あ、別のドラマになっちゃう!)。とにかく、まりかの「陶酔系妄想」が恐ろしくて仕方がないのだ。

 まりかの人物設定としては、こうだ。貧しい母子家庭に育ち、貧困から脱出するために、金持ちエリートである中村倫也と結婚。二人の子を授かるも、夫のモラハラに苦しめられている。夫からは「バカだ、貧乏だ、俺が救ってやったんだ」と罵られる日常。子供は可愛いが、夫婦生活には絶望感しかない。

 そこで狙いを定めたのが、里依紗の夫で、人畜無害な優柔不断系男の塚本だった。わざと倒れてしなだれかかり、塚本の心と身体と生活を侵食していくまりかの手法に、全国の女性たちはザワザワ。「なんだ、この女は!」と、嫌悪感を抱いたはず。

 ところが、である。まりかの恍惚とした表情に、徐々に引き込まれていく。この女、タダモノじゃないぞ、ただのゆるふわ上昇志向で終わらないぞ、と気づくのだ。

 そもそも、まりかには浮気相手の塚本を自分の家に連れ込んでセックスしちゃう大胆さがあった。

 そして、塚本の妻になることを勝手に妄想し、とろけるような笑顔で自分の世界に入り込む気味悪さ。罠を仕掛けて、なんとか塚本をつなぎとめようとする腹黒さ。色気で迫って落とそうとするも失敗、それでもくじけない鋼のメンタル。モラハラ夫に見切りをつけて、塚本略奪へと向かうしたたかさ。

「これはもうプロの仕業じゃねーか」とオンナアラートが鳴りまくり。ふと気が付いたら、まりかの虜である。

組織犯罪か、狂気の沙汰か

 ただの浮気だけなら、嫌悪感だけで済む。ゆるふわ女に気をつけろ、と夫の尻を叩いて済む。ところが、まりかにはすべてが計画的犯行のフシがある。塚本にツバつけたのも、塚本の会社にまでパートで入ってきたことも、里依紗に若い男をあてがったのも、里依紗のニャンニャン写真(古いな)をばらまいたのも、すべてはシナリオに基づくものだったとわかる。もうね、これ、プロの犯罪ですよって。