世の中は不倫ブーム真っ盛り。しかし、実際に不倫している一人一人の女性に目を向けたとき、その背後には、さまざまな難題がのしかかってくる一方で、何の解決策も見つからないこの社会を生きる苦しみがあり、不倫という享楽に一種の救いを求める心理があるような気がしてならない。この連載では、そんな『救いとしての不倫』にスポットを当てていけたらと思っている。
(ノンフィクション・ライター 菅野久美子)

婚活中、アニメ仲間とのオフ会で不倫相手に出会う

この前、ついに不倫相手の家にお泊りしたんです。奥さんと子供が実家に帰っていて。それで夫婦の結婚式の写真が飾ってある部屋で、しちゃったんです

 待ち合わせ場所に指定した都内のカフェで、小野洋子(仮名・34歳)は飲み物を注文するなりこう切り出した。

 洋子は独身で、自他ともに認めるオタク。背は低めで、どちらといえばポッチャリ体形。端正な顔立ちの黒髪のショートカットだ。趣味はオタクらしくアニメとコスプレ、そして、2.5次元俳優(マンガやゲームが原作の舞台に出演する俳優)の追っかけもしている。

 職業はWebディレクターとして都内の広告代理店に勤務。一見、地味なキャラクターであるため、不倫とは無縁のタイプに思える。

 しかし、上着を脱ぐと、女性の私でも思わず目が行くほどの爆乳があらわになった。豊満な胸を褒めると、洋子はまんざらでもなさそうに照れた。

端正な顔立ちで黒髪ショート、ポッチャリ体形の洋子

 そんな自慢の胸の持ち主とあってか、アニメ仲間の間では、あだ名は「おっぱい」。

 30歳の時に、同世代の周りの友人がバタバタと結婚し始めることに焦って、無料婚活サイトに登録した。皮肉なことに、婚活サイトで知り合った男に連れて行ってもらったオフ会にいたのが、今の不倫相手の佐々木陽介(仮名・38歳)だった。

 陽介には専業主婦の妻と6歳の娘がいる。職業はIT企業に勤めるエンジニア。そんな陽介と、洋子は4年不倫関係が続いている。

もう彼を見た途端、ひと目ぼれでしたね。細くて、背が高いタイプが好きなので、ドンピシャでした。でもその時は、すぐに他の人に“あの人は、結婚してるよ。しかも子供が生まれたばっかり”と聞かされたんです。あぁ、妻帯者か、そりゃそうだよなと思ったんです。あんなにかっこいいのに、結婚してないわけがないって

 それから、何度かアニメ仲間のオフ会が開かれ、そこに陽介もたびたび顔を出していた。数回、仲間内で飲んだ後、自然な流れでLINEを交換。数日後、「飲みに行かない?」と陽介からの唐突な誘いに、洋子は驚いた。

やっぱり最初は、えっ? 結婚してるのに二人きりでいいの? って思いました。でも、気がついたら、『行きまーす』って返事してましたね(笑)。理由としては、私のほうが彼にかなり入れあげていたのが大きいと思います」

 ここでスマホに入っているという陽介の写真を見せてもらった。アニメ仲間たちが映ったオフ会のワンショット――。その中で、ひと際背が高く、とびきりイケメンなのが、陽介であった。洋子がひと目ぼれするのも納得のルックスである。