「いらっしゃいませー」

 ドアを開けてお客が入ってくると、レジの後ろに立つ菅原初代さん(54)はすかさず声をかける。3坪ほどのこぢんまりとした店内には、菅原さんが早朝から焼き上げたパンが並ぶ。店名にもなっている『カンパーニュ』という自家製天然酵母のパン、山型食パン、ライ麦パン、ベーグルなど10数種類がずらり。

 店があるのは、JR盛岡駅から3km近く離れた閑静な住宅街だが、「菅原さんのお店はどこだろう」と探して買いに来る人も結構いる。

「テレビでずっと見ていたけど、こんなに細い人なんだぁ。顔がちっちゃーい」

 2人連れの女性客に声をかけられると、菅原さんは照れたように笑った。

「どこがですか? 腰痛がひどくなってきたから、ダイエットしないと」

店名にもなっている自家製天然酵母を使ったパン「カンパーニュ」を手にする菅原初代さん

 実は菅原さん、全国にその名を知られた大食いの女王だ。テレビ東京系『元祖!大食い王決定戦』に出演。ギャル曽根などライバルたちを寄せつけず、2008年、’09年、’10年と3連覇して殿堂入りした。

 何を出されても顔色を変えず、ラーメン27杯、ステーキ5.6キロなど、黙々と食べ続ける姿は強烈だった。

 あまりの強さに、“魔女”と称された菅原さん。どんな思いで大食いに取り組んできたのか聞くと、意外な答えが返ってきた。

「大食いって、数字に置き換えられるから好きなんです。例えば、最初の5分に10杯食べると、次の5分ではその半分になり、最後の5分はさらに半分になる。逆に考えると、最初の5分にこれだけ食べれば勝てるとか、予測できる。その読みが当たるとうれしいですね」

 ゆっくりした口調で、淡々と言葉をつなぐ。試合でも冷静さを失わないのが、菅原さんの強みだ。

「いくら胃袋を物理的に大きくしても、誰もが大食いになれるわけじゃない。大食いって、精神的な部分が大きいんですよ。私は常にハングリーななかで育っているから、ぜいたくに育った今どきの人たちは、何年かかっても私には勝てないですよ。ハハハハ。育ちが違うから。全然、いばれないけどね(笑)

2009年、『元祖!大食い王決定戦』収録の合間に。真ん中が菅原さん

 大食い女王に輝いた2008年、菅原さんは夫と別居の末に離婚している。当時6歳だったひとり息子の慶君(15)はADHD(注意欠如・多動性障害)という発達障害で、ほかの子に乱暴する、迷子になるなどトラブルを引き起こしてばかりだった。

 そんな苦労をみじんも感じさせず、圧倒的な実力で勝ち続けた菅原さん。

「強いんですね」

 思わず漏らすと、菅原さんは即座に否定した。

「いや、弱いです。ちょっとしたことで、すぐに傷つくし、必要以上にへこむし。“私には絶対イヤなことを言わないで”と書いたプラカードを持っていたいくらい(笑)」

 ていねいな受け答えに、まじめな人柄がにじむ。

 いったい、どんな半生を経て、魔女と呼ばれるまでになったのか──。