左上から時計回りに安藤玉恵、池田鉄洋、野間口徹、江口のりこ、長谷川朝晴、木南晴夏、平岩紙、キムラ緑子

「前に出ないけど、自分をちゃんと主張できる技を持っている。しかも主役の演技を殺さない。それが名脇役です。彼らは画面の奥にいても自分に目がいくような演技ができるんですよね」

 と話すのは、映画『らせん』『アナザヘヴン』などで知られる映画監督の飯田譲治氏。主役には数字が求められるが、脇役は業界関係者にウケがいいと出演数も伸びていく。その代表的な名脇役、でも、彼らの名前は何だったっけ……?

一度見ると忘れられない

 まずは江口のりこ。現在も『海月姫』(フジテレビ系)と『anone』(日本テレビ系)、2つのドラマに出演中の大人気バイプレーヤーだ。

「どんな役でも、頼まれたらやる精神がいい。『海月姫』にインド人役で出演していますが、インド人に見えるから不思議です」(ドラマ助監督)

「最近はコメディーな役が多いけど以前、僕がお願いしたのはシリアスな役。その役もハマっていたから、本当に勘がいいんだろうね」(飯田氏)

 そして『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)に出演中の野間口徹。ドラマではまじめなインテリ役で見かけることが多い印象だが……。

「以前は妻に高圧的に接したりするなど冷淡な役が多かったんです。でもある日、ミスキャストじゃないかと思えるインテリの役を演じたら、それがうまくハマったようですね。その役からまじめ役のオファーが多くなったんだと思います」(芸能プロ関係者)

「2回ご一緒しましたが、感性がよく、現場での物腰もいい。やわらかい雰囲気を出してくれるんです」(飯田氏)

 1度見ると忘れられない顔と演技が特徴なのは池田鉄洋。『TRICK』(テレビ朝日系)での個性的な役で話題に。

「この人はコミカル専門ですよね。役の振り幅はそこまで大きくないですが、彼に求められているのはクセの強いコミカルさ。そういう意味ではこれからも注目です」(前出・ドラマ助監督)

 飯田氏からは「仕事はまだご一緒したことないけど、ご飯は食べたことありますね(笑)。いま僕が手がけているドラマにも出てほしいと思っていたんだけど、ちょっと合う役がなくて。今度、声をかけるときは、彼が今までやったことがない役をお願いしたい」と、公開オファーも。

 この人も池田同様、ひとクセもふたクセもある安藤玉恵

「渋い作品に数多く出演されていますが、やはり一般的には、NHK朝ドラ『あまちゃん』で演じた観光協会の職員役でしょう。ほかの作品でも妙に不機嫌なウエートレスや風俗嬢など、彼女しかできない役ばかり。だから出演シーンが少なくても、見るものに強烈な印象を残すんです」(テレビ誌ライター)