伊藤さんと息子たち。長男と次男は現夫と血のつながりはないが、伊藤さん伝いに様子をうかがうなど気遣いつつ、父として接しているとか

 ゴールインしたカップルの4組に1組が再婚という時代。それに伴い、子どもを連れて再婚し、新たな家族を築く『ステップファミリー』も増えているという。

再婚を考えたのは長男の存在

 シングルマザーとして働きながら、長男(16)と障害のある次男(13)を育ててきた伊藤みかこさんは、5年前にお見合いで子連れ再婚した。

 現在の夫との間に授かった三男(3)をはじめ、伊藤さんの母も含めた6人の大所帯で暮らしている。

「まるで地獄だった」と振り返る前夫との離別を経て、新しい家族のカタチにたどり着くまでを聞いた。

再婚にはそんなに前向きではなかったんです。前の結婚が悲惨だったので、そういう気持ちになれなくて。でも、うちの母に“あなたひとり残して死ねないから、とにかく結婚してくれ”と説得されてお見合いしたんです。写真を見たら、(現在の夫が)すごくカッコよかったので、いいかなと(笑)」

 再婚を考えたもうひとつの理由は、長男の存在だ。「男の子だし、自分とは性が違うから、思春期になったときに相談に乗ってあげられないのではと不安で。男の人がいて、お兄ちゃんのサポートをしてくれたらいいと考えました」

 長男が小学校高学年のとき、伊藤さんは、“ママ、お兄ちゃんと結婚しようかな”と言ったことがある。たわいないやりとりを期待してのことだったが、

「“僕とは結婚できないよ”と思い切りはっきり言われて、ハッとしました」

子連れで挙げた2度目の結婚式。家族全員に祝福された

 母親と息子への思いを胸に臨んだお見合い。家族ありきの伊藤さんを、現在の夫はそのまま受け止めてくれた。

「前の結婚については、“悲しいことだから、もう話さなくてもいい。これからは僕が養うから結婚してほしい”と、見合いの3か月後に言われました。実は主人の両親も1度離婚していて、お義母さんは再婚されています。そんな経験をしているから、長男を主人の籍に入れるときも“名字が変わるとかわいそうだから、変えなくていいよ”と気遣ってくれました