若奈まりえ 撮影/森田晃博

 ディズニーアニメーションに登場するプリンセスの中でも、常に高い人気を誇るキャラクターのひとりが『リトル・マーメイド』のアリエル。人魚でありながら人間の王子に恋をして、大きな犠牲をものともせず憧れの人間界へと飛び込んでいく彼女は、世界中の女子から熱い共感を呼ぶ存在だ。

 劇団四季による舞台版でアリエル役を務めるひとり、若奈まりえさんも、この役を演じながら魅力をひしひしと感じているという。

私が何よりアリエルをリスペクトするのは、自分の力で未来を切り開こうという意志を持った、強い女性であるところ。どんなことがあっても前を向く強さと明るさ、人を巻き込むパワーがあって、魅力的ですよね。とても影響を受けています。

 私自身はもともと慎重派なのですが、役を通してどんな困難も、それを越えたところに大きな喜びがあるんだと信じられるようになって、ワクワクするようになりました。自分が憧れるものに対するアリエルの強い気持ちや前向きさには、本当に見習うべきところが多いです

 若奈さん自身、子どものころから、夢を持って努力をし、劇団四季という未知の世界へ飛び込んだ経験の持ち主。そうした経験が、アリエルを演じるうえでも役に立ったのでは?

「そうですね、重なる部分は多かったです。例えば『パート・オブ・ユア・ワールド』というナンバーを歌う前に、アリエルが父トリトンとケンカをするんですね。父の愛情はわかっているけれど、話を聞いてくれない父に反発したアリエルは“自分の未来は自分で決めるもの”と言う。そこは作品のテーマだと思いますし、実感を込めて大事にしたいセリフです

 愛情深い若奈さんの両親は、娘の夢に対して反対をしたというより「心配してくれた」そう。

「私が“舞台の道に進みたい”と言うと、“舞台の仕事だけでごはんを食べていくのは大変だろう”と、かなり心配されまして。“信じて見守ってほしい”という意志は伝えました。今こうして四季の舞台に立てていることで、やっと安心してもらえたと思います。だから夢に向かうアリエルのセリフを、私の言葉としても両親に聞いてもらいたかったんです」