ジャニーズやK-POPをはじめとした、日韓のアイドルの応援を日々の生きがいとし、気づいたらとある現場でトップヲタクになっていた<男子>大学生・あくにゃんのコラム。
イラスト/びーえいち

 大学受験の結果が出るようになり、大学に行く気もなかったはずの芸能人が「お仕事に集中したいので芸能一本で行きます」宣言をする季節がやってまいりました。

 最近の傾向を見ると、大学進学の道を選ぶJr.が増えてきています。一方で若手俳優は大学進学を選ぶ人が少ないようにも感じるので、今回は『芸能と学業』の両立についてメリット・デメリットを書いていきます。

〈第十四声〉
アイドルの“大学進学”について
~芸能も学業も応援します~

 私は、自身が芸能活動と並行して大学に通っている中で「大学に行くってことは、芸能をおろそかにするんですね」的な風潮を感じたことが多々ありました。

 実際にこの時期になると、“芸能活動をおろそかにしないように”という理由で「大学には行かずに芸能一本で行きます」宣言をする芸能人が毎年3人は出ます。

 え? あなた、大学行こうとしていましたよね? 受験の日が舞台の初日、振替日が千秋楽と被って受けられなかっただけですよね? なのになんで「最初から行く気はありませんでした」的な言い方するんですか? ねぇねぇ。芸能活動に集中するとか言うなら、滝沢秀明氏のように高校も行かなければいいのでは?

 ……なーんて思うこともありました。笑

 私自身は、大学で学ぶことで仕事の幅が増えたり、クイズ番組にも出られたりとそれ相応の見返りがあると考えていたのですが、在学していた4年間で“学歴”という点で仕事を取れたことは、ほぼありませんでした。むしろ、大学のテスト期間の影響で仕事を受けられなかったこともあるので悪影響という見方もできます。

 しかし、伊野尾慧氏(Hey! Say! JUMP)の例で考えてみると、彼が今のように注目されるキッカケになったのは間違いなく彼が大学で学んだ「建築」という専門性によるものです。

 彼が個人でテレビに出始めた最初の頃は『ニノさん』(日本テレビ系)や『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)などで建築について語ったり、実際に自身で設計図を書き、靴箱などを作成したり、その専門的な知識を生かしていました。

 ジャニーズJr.の阿部亮平氏(Snow Man)も気象予報士の資格を取ったことで、高学歴というキャラ付けに成功し、今は個人でクイズ番組『くりぃむクイズ ミラクル9』(テレビ朝日系)に出演を果たします。

 各局が、ニュースキャスターを務めるジャニーズに大卒を多く起用していることからも分かるように、数多くいるジャニーズの中でも、学歴は他者との差別化に役立つようになってきました。