関口宏

「関口宏さんの奥さんが、ここしばらく体調を崩しているみたいです。昨年末には、関口さんが、“妻が家でずっと寝込んでいるんだよね……”と周囲に漏らしていたといいます」(関口の知人)

 関口の妻・西田佐知子の体調不良は、昨年4月に女性誌で報じられていた。約1年が経過した今も、改善が見られないというのだ。

「関口さんが暮らしていた世田谷区の一軒家が、昨年3月に取り壊されたんです。奥さまの体調があまりよくなかったことで、住み慣れた家を離れることにしたようです。引っ越し先は医療施設が隣接している都心のマンション。奥さまの身体を最優先に考えたんでしょうね」(ワイドショー関係者)

 関口の思いは届かず、転居後も妻の容体は回復しなかった─。

最近、関口さんは外食の回数が増えました。もともと付き合いで外食することも多いのでしょうが、奥さんが出歩けないことも関係しているようです。家でゆっくり食事をとる状況ではないのでしょう」(前出・関口の知人)

不倫や浮気とは無関係な夫婦愛

 西田は『コーヒー・ルンバ』や『アカシアの雨がやむとき』などのヒット曲を持つ昭和のスター歌手だ。関口より5歳年上で、ふたりはおしどり夫婦として知られる。昨今、話題の浮気や不倫とは無縁だ。

「ふたりが交際するきっかけは、'70年4月から'79年9月まで放送された『ラブラブショー』(フジテレビ系)というお見合い番組でした。

 同番組の担当プロデューサーが関口さんと仲がよく、 “お前の好きな人を呼んでやる”と持ちかけたそうです。佐知子さんの大ファンだった彼は迷わず彼女を指名。出会って1年もたたない'71年3月に婚約を発表し、8日後に式を挙げるという急展開でした(笑)」(テレビ局関係者)

 結婚の翌年には長男の知宏が誕生。'85年には、世田谷区内に一軒家を建てた。545平方メートルの広い土地に建つ地下1階地上2階の豪邸は“関口御殿”とも呼ばれたほど。

「地下にはカラオケルームが設置されていました。休日などに、夫婦で一緒に歌うことも多かったみたいですよ」(芸能プロ関係者)

 関口は今でこそ司会者のイメージが強いが、初めは役者としてスタートしている。俳優の仕事が減ってきて、方向性について悩んでいた時期もあったらしい。

「'70年代後半には、壁に突き当たったと感じていたそうです。司会と役者の二足のわらじでいくべきか、迷っていたんですね。

 苦しんでいる彼を見て、奥さんが“ゼロになってもかまわないじゃない。もともとゼロからの出発なんだから”と言ってくれたとか。その言葉が後押しとなり、司会の道に進む決心がついたんでしょう」(同・芸能プロ関係者)

 気持ちが固まると、次々に人気番組の司会をオファーされるように。関口は'79年から'92年まで放送されていた『クイズ100人に聞きました』(TBS系)や'94年4月から'11年3月まで放送された『関口宏の東京フレンドパークⅡ』(TBS系)といった人気番組の司会を務めた。現在も、'87年から毎週日曜に放送されている長寿番組『サンデーモーニング』(TBS系)の司会を続けている。