福士蒼汰 撮影/廣瀬靖士

「アクションをやっていたら、細かいケガは当たり前なのかなと思っています。むしろ、無傷で帰ってくるほうが恥ずかしいような気がしていて。だから、ケガを恐れて動けなくなるんじゃなく、それ以上に“いいものを作りたい!”という思いで挑みました」

 映画『曇天に笑う』で主演を務める福士蒼汰(24)。3兄弟の長男で、小さいころある事件で亡くなった両親の代わりに弟たちの面倒を見ながら、曇神社の14代目当主として周囲からの信頼も厚い主人公・曇天火を熱演。

父親になったことはないですが、天火は弟たちをまるで自分の息子のように愛していて。だから自分も、弟役の(若山)耀人や(中山)優馬を“可愛い”と意識的に感じるようにしました。でも、そんなことをしなくても2人はずっと愛おしかったですが(笑)

 しかし、撮影中は下駄をはいてのアクションにかなり苦戦したんだとか。

「最初は歩くことも少しぎこちなかったんです。足の型をとって、下駄っぽく見える靴を作ってくださったりもしたんですが、その靴も厚底になって“逆に危ないかも”ということに」

 いつも笑顔で周りを明るく照らす天火と、自身が似ていると思う点は、

「自分も、けっこう些細なことでも笑っちゃうような笑い上戸なんです。だから普段から笑いすぎて、自分が何に対してそんなに笑ったのかも忘れちゃうくらいで(笑)。昔はテレビっ子で、よくお笑い番組も好きで見てました」