松本享恭 撮影/森田晃博

 俳優・脚本家・演出家として活躍する宅間孝行主宰タクフェスの「春のコメディ祭!」第2弾は、劇団「東京セレソンデラックス」の最後の作品として話題を呼んだ『笑う巨塔』の6年ぶりの再演。その注目の舞台で、『仮面ライダーエグゼイド』に出演して人気上昇中の若手俳優、松本享恭さんがコメディーに初挑戦する。’12 年の公演では斎藤工さんが演じたお坊ちゃまな代議士秘書役で、イケメンがどんなギャップを見せてくれるのか。

役のまじめさを素直に出していけば

誰かを笑わせたいとか思っているタイプの人間ではなかったので。お話をいただいたときは少し戸惑いましたけど、若さとエネルギーを求められているかなと。なので今、けっこう笑いについて考えてますね。先日も『仮面ライダー』の映画の舞台挨拶で、笑わせるのが得意なキャストの話の間(ま)とかを観察してました(笑)」

 舞台4作目で演じるのは、代議士の息子でその秘書でもある山之内蓮太郎。

「台本がすごく面白くて、最後まで一気に読んでしまいました。いろんなボタンのかけ違いが面白いです。蓮太郎はとにかくまじめな好青年。個性が強いキャラクターぞろいの中でいちばん癖がない人物ですね」

 片岡鶴太郎さんをはじめ、梅垣義明さん、鳥居みゆきさんなど笑いのプロも出演する今作で、松本さんが役作りで大事にしたいのは?

「宅間さんにも、笑わせようとは思わなくていいってことは言われましたし。キャラクターのまじめさを素直に出して、全力でその場にいようと思います。蓮太郎は普通の人なので、何事もまじめに必死にやればやるほど、その姿がお客さんから見るとおかしいんじゃないかと思うんですよね。自分はまだ経験もないので、ガツガツ思いっきりいきたいなっていうのはあります。俺が俺がって感じの性格ではないですけど、今回は控えめさを、とっぱらおうと思ってます

 周りから厳しい演出家と聞いていて「稽古場には覚悟を決めて臨もうと思っている」と語る松本さん。

 宅間さんの印象は?

「タクフェスの舞台は『ひみつ』を観劇させていただいて、ほかにDVDで作品を見させていただきました。それで印象的だったのは、宅間さんのお客さんを楽しませることに対する熱さ。芝居はもちろんですけど、舞台が始まる前に自ら前説をしてお客さんと触れ合ったり、最後にダンスがあったり。今回の台本の最後にもト書きで“この会場にいる人たちが幸せになることを願って……というようなことが書かれていて。それもすごく印象的でした」

 今回、特に楽しみにしていることは、観客の笑いの圧を体感することだそう。

「宅間さんが『笑う巨塔』の初演のときに、客席から笑いの波がバ~ッて来る感じがすごかったという話をされていて。それは経験してみたいですね。自分次第で生み出せるかどうかなんですけど。笑いをとってみたいですね