阿部寛 撮影/佐藤靖彦

20代で役者デビューしてから、自分自身の中でうまくいかなかった5~6年間があったから……。だから、いろいろな役をいただけて演じられる喜びを、今でも感じることができているのだと思います

 昨年、役者デビュー30周年を迎えた阿部寛(53)。シリアスからコメディーまで、幅広い役を演じている彼。'87年に映画『はいからさんが通る』で、南野陽子が演じたヒロインの相手役で役者デビューし、順調にキャリアを積んできたように見えるが……、

「モデルから役者の世界に入ったとき、ほとんど何も知らない状態だったんです。芝居に対しての下積みもありませんでしたから、20代のときは役者としての振れ幅がまったくなかったと思います」

 そんなときに出会ったのが劇作家の故・つかこうへいさん。

つかさんの舞台に出させていただいてから、演じる喜びみたいなものを噛(か)みしめられるようになったと思います。それまでは元モデルというイメージが先行して、役的にもそこを超えることができなかったんです。でも、つかさんの舞台で、バイセクシャルの敏腕刑事という役をいただいて。

 あの役は振れ幅があまりに大きすぎた(笑)。あそこまでやれたんだからまだまだできる、と考えられるようになりました。それが素の自分からかけ離れるほどやりやすくて。僕に対して制作サイドがそういう役を発想してくれるということに喜びを感じました」