舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第30回は高野洸さんが神永圭佑さんを指名! 『週刊女性』本誌(2018年4月3日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

左から高野洸、神永圭佑 撮影/伊藤和幸

共通点は、下に年の離れたきょうだいがいる長男ってこと

――おふたりが親しくなったきっかけは?

神永 『デビミュ』(※ミュージカル『Dance with Devils』)の稽古(けいこ)初日の後に取材が4媒体くらいあって、取材とはいえ長時間(高野さんと)しゃべっていたので、その日一日で普通に話せるようになったというか。

高野 徐々にっていうよりかは、その日一日で、もうけっこう距離が縮まったんじゃないかな。

神永 50メートルくらいあった距離が70メートルに……。

高野 いや、距離開いちゃってるから、完全に(笑)。

神永 ハハハ。それで稽古に入ってからさらに。なんかニコニコしながら近づいてきてくれたりもしますし。稽古場で席が隣なんですよ。

高野 3人座りの長机があって。

神永 そこで、ちょっかい出したりしてますね(笑)。

――共通点はどんなところだと思いますか?

神永 長男。

高野 はい。僕は、弟が2人います。

神永 僕は7歳下の妹がいます。弟は8コ下と10コ下でしょ?

高野 はい。

神永 だから、「ちょっと離れたきょうだいがいる兄」っていうところでは共通してますね。

――弟や妹はかわいいですか?

高野 めっちゃかわいいです!

神永 そうですね。

――きょうだいは、お兄さんが俳優として活躍してることをどう思っていますか?

神永 それ聞きたい。どう? 弟たち。

高野 今はわからないですけど、2年前ぐらいは三男が……自分でいうのは恥ずかしいですけど、「お兄ちゃんみたいになりたい!」って言ってくれてて。それはうれしかったですね。

神永 めっちゃかわいいな、それ。ウチの妹は全然、関心ないんだよね。

高野 そうなんですね。