佐川宣寿・前国税庁長官

「テレビに映る佐川君を見て、全然変わってないなって思いました。メガネをはずして、ブレザーを着たら高校時代の佐川君そのままです」

 と高校の同級生A子さんは興奮ぎみに語る。

残酷エピソード

「佐川君」とは森友文書改ざん問題の渦中にある佐川宣寿・前国税庁長官のこと。中学時代に父親を亡くし、福島から東京に転居。進学校で知られる都立九段高校(現・千代田区立九段中等教育学校)に進み、2浪して東大へ。しかし、その青春時代はパッとしないものだったという。

「東大に合格したといっても、高校時代の成績はクラス約40人中でせいぜい4、5番手。トップは取れず、頭がいいほうという程度です。当然、学級委員を務めたこともありません」と前出のA子さん。

東大の卒業アルバム

 財務官僚として“切れ者”と評されたわりには高校時代はイマイチだったことになる。

「それだけじゃありませんよ。一部報道で、小・中学生時代の佐川君について“勉強もスポーツもできてカッコよくてモテた”とする同級生のコメントが掲載されましたが、高校の同級生からすれば“はぁ?”って感じです。

 足は遅いし、校内バレーボール大会では15人のメンバーに入れず応援に回っていました。運動音痴すぎて“佐川君になら女子でも勝てそう”と言われたほど。恋愛対象としてみる女子生徒は校内にいなかったと思いますよ」(同)

 別の同級生B子さんは、お調子者の男子生徒が佐川氏にこんな質問をぶつけたことを覚えている。

「おまえ、将来、結婚する気あるの?」

「ええ、人並みには」

 やりとりを聞いていた周囲の生徒たちは「えーっ! 佐川君、結婚願望あるの〜」と一斉に盛り上がったという。

 さらにB子さんは「本人も知らない話」と前置きし、若かりし日の残酷なエピソードを打ち明けた。

「高2のときでした。バレンタインデー前に一部の女子で佐川君をからかってやろうって計画したんです。チョコレートを新聞紙で雑にくるんであげちゃおうって(笑)。どうせ1個ももらえない佐川君がどんな反応をするのかって、いま思えばひどい話なんですが、さすがにそこまでするのはかわいそうだと気が引けて未遂に終わりました」