酒井藍 撮影/吉岡竜紀

『吉本新喜劇』で、初の女性座長に選ばれた酒井藍(31)。

「完全にドッキリだと思い、最初はカメラを探しちゃいましたね(笑)」

 そのゆるキャラのような愛らしいルックスとキャラクターで、大阪ではアイドル的人気。座長就任後はこんな変化があったと笑顔で話す。

街を歩くと“座長、これお祝いでやるよ!!”と、今まで以上に食べ物をいただける機会が増えました

 新喜劇入団直後は80kgほどだった体重も、現在は103kgまで成長!!

「街の人だけでなく、新喜劇の先輩方が美味しいものをごちそうしてくれるんです♪ またこの体形だからか、食レポをやらせてもらう機会も多いし、お店に行けば頼んでなくても、大盛りサービスしてくれることも多いので、どんどん大きくなる一方ですね!!」

 ぽっちゃりであることは、芸人としてこんなメリットがあるようだ。

「みなさんがいろんなたとえでイジってくれるのは助かりますね。最近は巨大系の動物など、人間以外のモノでたとえてもらうことも(笑)」

 ぽっちゃり女芸人の活躍ぶりについては、こんな分析を!!

「自分より太った人を見るとホッとすると思うんです。私はまだ大丈夫って(笑)。前から太った人が歩いてくると“どっちが大きいかな?”ってつい比べちゃいます。私より大きな人はなかなかいないですけど(笑)

 そんな唯一無二のキャラクターが評価され、公開中の映画『よしもと新喜劇映画 女子高生探偵 あいちゃん』では主演に抜擢!!

「NMB48のメンバーに扮して事件を解決していくストーリーなので、ダンスにも挑戦しています。こんな体形でも踊れるというところを見せて、太っていることをコンプレックスに思っている方に希望を与えられたらいいですね♪」

 1年先輩の渡辺直美は尊敬するひとりだという。

ぽっちゃりでもオシャレ心を忘れない心意気がカッコいいなと思います。私も“女だけどいちばんおもろい”って言ってもらえる、新喜劇の座長になれるよう頑張ります!!」

<出演情報>
映画『女子高生探偵 あいちゃん』
出演/酒井藍、川畑泰史、筧利夫、田畑智子ほか。愛知・センチュリーシネマでは3月31日~公開。