『半分、青い。』ヒロインの永野芽郁 (c)NHK

 いよいよ4月2日(月)から、新しい朝ドラ『半分、青い。』が始まる。なんと今回は、ヒロインがお母さんのおなかの中にいる胎児からのスタートと、出だしから気になっちゃうこと間違いナシ!

■ヒロイン・楡野鈴愛(にれのすずめ)役の永野芽郁(めい)ってどんな子?

 1999年9月24日生まれの18歳。2366人の中からオーディションで選ばれ、今回が朝ドラ初出演となるシンデレラガール。2009年に映画デビューし、2015年には映画『俺物語!!』でオーディションを勝ち抜き、ヒロイン役に。また、2016年にはドラマ『こえ恋』で初主演。映画にドラマに引っ張りだこの彼女が、満を持して朝ドラに挑む!

■そもそも『半分、青い。』の意味って?

 ヒロイン・鈴愛は小学3年生のときに病気で左耳の聴力を失ってしまう。しかし悲観することなく、雨音が片側からしか聞こえないことを面白がり、雨上がりの青空を見上げて“半分、青い”とつぶやく、ユニークな彼女の感性を表したタイトルなんだとか。

■どんな朝ドラ?

『愛していると言ってくれ』や『ロングバケーション』などを手がけ、“恋愛ドラマの神様”の異名をとる北川悦吏子のオリジナル脚本! 勝田夏子チーフプロデューサーも自信満々に、

新しい朝ドラができました。新しさと懐かしさ、喜びと悲しみ、おかしみと切なさが、半々ずつ混ざり合ったドラマです。ヒロイン・鈴愛が七転び八起きで駆け抜ける半年間、どうぞご期待ください!」

1話に律(佐藤健)が登場し、視聴者の目もハートに!? (c)NHK

■どんなお話?

 1971年、岐阜の小さな田舎町で食堂を営む楡野晴と宇太郎夫婦のもとに元気な女の子、鈴愛が生まれる。そして同じ日に同じ病院で、写真館を営む萩尾和子と弥一夫婦の間にも、律という男の子が生まれた。2人は生まれたときからそばにいて、お互いにとっても特別な存在となっていく。

 やがて鈴愛は天真爛漫(てんしんらんまん)な少女、律はクールだが心優しい少年へと成長していくが、やんちゃざかりの小学3年生のとき、鈴愛は病気で左耳の聴力を失ってしまうことに……。しかし持ち前の明るさ、そして支えてくれる家族や律のおかげもあり、彼女はやがて“漫画家”という夢を目指し、バブル真っただ中の東京へ上京するーー。