女性から人気が高い『RoBoHoN』、多機能冷蔵庫、そして『ランドロイド』は、投入すれば自動で衣類を折りたたんでくれる

 技術革新についての話題がやむことのないAI。最近では、私たちの生活を支える身近な家電分野でも、AIを組み込んだ製品が数多く登場している。

 '16年から『COCORO+』と呼ばれる製品群を展開している大手家電メーカー、シャープもそのひとつだ。IoT通信事業本部・松本融部長は、

「家族の一員として、人と人とをつなげるような製品を提供しています」

 と、そのコンセプトを解説する。

「AIが学習を重ねることで、生活の手間を省いてくれるようになるというのが製品群の特徴です。また、製品をインターネットにつなぐことで最新の情報に更新できるほか、離れた場所にいる家族や友人同士が、AIから同じレシピを提案されるといった使い方も可能になります」(松本部長)

料理も洗濯もAIまかせ

 悩ましい毎日の献立選びも、AIがアシスト。同社の主力商品である『ウォーターオーブン ヘルシオ』は、前面にある「おはなし」ボタンを押すと、機械と対話ができる。例えば、鶏料理が続いているときには、魚を使った新たなレシピを提案してくれたりもする。

『ヘルシオデリ』は、ネットで手配した食材をトレーに置いて、ボタンを押すだけでプロの味を再現

 さらに、レシピごとに、その食材をインターネットで取り寄せることができるサービス『ヘルシオデリ』とも連携。下ごしらえを施した食材や調味料などが届けられ、それをセットしてオーブンのボタンを押せば、それだけで1品できあがり。忙しい主婦やワーキングママにはとてもうれしい機能だ。

 また、食卓に欠かせない冷蔵庫にもAIが組み込まれており、献立の相談ができる「献立ナビ」や、食材ごとに最適な保存方法や解凍方法を教えてくれる「保存・解凍ナビ」、食材の保存時に情報を入力しておくと、前面の液晶パネルで冷蔵庫内の状況をチェックできる便利な機能まである。

 慌ただしい日常に、ちょっとした癒しを与えてくれるようなAI製品もある。女性からの人気も高いという小型のモバイル型ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」だ。

 愛くるしい表情のロボットが電話の着信を知らせたり、メールを読み上げたりするほか、約200人ほどの顔を認識することもできる。所有者との対話を通して語彙力が変化するのも特徴。