出待ちの女性と一緒に写真を撮るなど、ファンには笑顔を見せていた

 '17年の『M-1グランプリ』で優勝し、一躍、人気者となったとろサーモン。ボケの久保田かずのぶとツッコミの村田秀亮からなる漫才コンビで、特に久保田の歯に衣着せぬ過激な発言が、“クズ”キャラとして定着し、バラエティー番組に引っぱりだこだ。

「週末は営業やライブを何本もかけ持ち状態で、2人とも疲れがたまっているはず。久保田さんは顔色が悪いように見えます」(芸能プロ関係者)

 久保田が“クズのほう”と呼ばれるワケは、テレビ上のキャラだけではないという。

「私生活でも合コンで出会った女性の容姿をラップで否定したり、ツイッターで他人になりすまして相方の悪口を言ったり。芸人仲間たちは“久保田はおかしい”と口をそろえます」(同・芸能プロ関係者)

 これだけ奔放なイメージを持つ彼だが、実はメンタルがかなり弱いそうで、最近も精神的に追い込まれて、とある問題を起こしたという。

「ビッシリ埋まったスケジュール、そして“失敗できない”という仕事のプレッシャーに押しつぶされてしまい、番組の打ち合わせを3月に入って何回か無断欠席したんです。関係者は“大事な時期なのに大丈夫?”と心配しています」(テレビ局関係者)

 所属事務所に確認すると、

「取材や番組はほかの芸人よりも入念に打ち合わせをするタイプなので、そのようなことはいっさいございません」

 と言うのだが、過去にはディレクターにクレームをつけて日本テレビを出禁になるという女性誌の報道もあった。

 さらに先日、テレビ番組で自宅を公開したのだが、そこでもナイーブさが浮き彫りに。

「部屋には、4年前に自分で描いたという絵が飾られていました。その絵には無数の顔が描かれており、しかも笑った顔がひとつもない。仕事がなくて精神的に不安定になっていたときなのかもしれませんが、彼のメンタルの弱さが表れています」(放送作家)

 真偽を確かめるべく、仕事終わりの久保田を直撃した。