次男と母親が発見されたスーパーの駐車場

 3月30日午前8時過ぎのことだった。東京都北区、開店前のスーパーの駐車場に、見慣れない車が1台。車内を確認したスーパーの従業員が異変に気づき、110番した。

「後部座席で、頸部に結束バンドを巻かれた男女の遺体が発見されました」(捜査関係者)

 亡くなっていたのは、職業不詳の佐々木真一さん(44)と母親の美知子さん(67)。首に結束バンドを巻かれた愛犬も死んでいた。

 そこから直線距離で約6キロ、板橋区内の賃貸マンションが自宅だ。

一家が住んでいた部屋は静まり返っていた


 亡くなっていたのは父親の佐々木信男さん(69)だった。「玄関は施錠されていました。親族の承諾を得て立ち入ったところ、6畳間の和室で男性の遺体を発見しました。首には結束バンドが巻かれていました」(同捜査関係者)

 全国紙社会部記者は、

「室内に争った形跡はなく、警察は心中とみて捜査をしています。30日の午前2時前、息子の真一さんが結束バンドなどを買う姿が防犯カメラで確認されている」

 マンションの大家が、現場に立ち会った。

「ゴミ箱や段ボールなどが散らかっていましたが、争ったという感じではなかった。ご主人は布団の中で亡くなっていました。家賃の遅延もなく、近隣トラブルもなかった」

 一家は2年ほど前に、ここに引っ越してきた。家賃は月額11万円。以前は、同じ区内の商店街にある2階建ての持ち家に住んでいた。今は更地になっているその場所の近くに住む80代の女性が話す。

「仲のいい家族です。真ちゃんにはお兄さんと妹さんがいてね。お母さんは糖尿病がひどくて、目があまり見えなかった。真ちゃんが、病院に連れて行ったり買い物をしたりしていましたよ。真ちゃんも小さいころから、喘息がひどくてね、かわいそうでした」

 70代の近隣住民は、母親の病状に関する情報を追加する。

「数か月に1度の頻度で救急車が来て、運ばれていました。目も悪く、画びょうを踏んでも気がつかず、床が血だらけになることもあったみたいよ」

 一家の家計を支えていたのは、父親の信男さん。植木の露天商だった。足立区の花き市場で仕入れ、“おばあちゃんの原宿”巣鴨の地蔵通り商店街などに店を出していた。

「荻窪の市場がクローズしたため、'15年の10月からここで仕入れをしています。最後に来られたのは3月27日で、31日に仕入れる分を注文していきました。穏やかで丁寧な方でしたね」(市場関係者)