イ・ジョンシン 撮影/キム・ジヒョン

メンバー全員が俳優としても活躍しているロックバンド、CNBLUE。なかでも“末っ子”イ・ジョンシン(26)が待望の初主演を果たした『ラブ・トライアングル~また君に恋をする~(原題:やきもき)』が日本初放送される。

「僕が演じるカン・シヌは、ある出来事があって10年前にタイムスリップするんです。28歳の高校教師のまま。そこで、18歳の高校生である“小さいシヌ”と、初恋の相手だったジスと出会います。28歳のシヌは、10年前と現在を行き来しながら、片思いしていたジスと自分との関係を変えようと奮闘するんです」

 主演として後輩や現場を引っ張っていくことは初めての経験だった、と語るジョンシン。なかでも、高校生時代のシヌを演じたソ・ジフンとの関係は格別だったそう。

「撮影が始まる前から、ジフンとは気が合う感じでした。年齢の違う、同じ人物を演じるので、行動や話し方などを相談しながら役柄を合わせていったんです。お互いに助け合いながら演じていたので、演技にも相乗効果が生まれたと思います。いまでも連絡をとり合っているんですよ。

 僕自身、学生時代は男友達だけで遊んで、女子とは交流を持たず、好きな人にも声をかけられないタイプだったんです。“小さいシヌ”は、学生時代の自分と似ているなぁと思います。そんな“小さいシヌ”を、僕が演じた“大人のシヌ”は、もどかしく感じるんです。演者が違っても同じシヌですから、どちらのシヌも僕の姿と似ていると思いますね」

 意外と(?)ハマっているのが数学教師のキャラクター。こんなカッコいい先生が学校にいたら大騒ぎになりそうな素敵さだ。

「1度もやりたいと思ったことがなかった職業で、しかも僕は数学が苦手だったので(笑)、なるべく自然に見えるよう努力しました。授業のシーンでは僕が昔見ていた先生たちの雰囲気を思い出しつつ、役柄を研究したんです(笑)」