NHK Eテレ『テレビでハングル講座』にも出演中のソン・シギョン

「1度も死なずに生きていらっしゃったみなさん。謹んでお喜びを申し上げます。……、僕の日本語のレベルは、そんなに高くないんです。次にお会いするまでに練習しておきますね。衣装とかつらも用意して(笑)」

 週刊女性がリクエストした“綾小路きみまろ風の挨拶で!”に挑戦をしてくれた韓国出身の歌手ソン・シギョン。ソフトで甘美な歌声から、本国では“バラードの貴公子”“鼓膜彼氏(恋人のように甘い歌声で癒してくれる)”など、数々のニックネームを持つ。

「貴公子とか皇帝とか、その呼び方はやめてください。“鼓膜彼氏”は、かなり刺激的な表現ですよね。初めて聞いたとき、身体を解剖されたような感じで怖かったです(笑)」

 そう笑顔を浮かべる。日本でも大人気の『雲が描いた月明り』や『星から来たあなた』などのドラマ挿入歌をはじめとするアーティスト活動はもちろん、数々のバラエティー番組やラジオパーソナリティーもこなす、まさに万能選手。本国で絶大な人気を誇る彼が、この春から本格的な日本活動をスタートさせる。

日本での活動に不安は?

「これまでも毎年のように、日本でファンミーティングやコンサートを開催してきました。でも、それ以上の活動がしたいとずっと思っていたんです。ようやく縁があってスタートさせることができます。不安ですか? ないです。できなかったら、それでいい」

 スパッと答える。そのあと、「もちろん、成功したいのは、やまやまですけど」と続け、

「正直に言えば、韓国でもう挑戦できることがあまりないんです。なんでもやりましたから。ラジオDJもテレビ番組も楽しいし、ギャラもいいんですけど(笑)、僕は歌手なので。テレビやラジオで“成功した”と言われるよりも、それ以上にコンサートのチケットが売れたほうがうれしいんです。

 日本でやることは、初めてのことばかり。僕のことを知らない人が多い環境で頑張ることで、精神的に若くなった気がしています(笑)。不安をひとつあげるとすれば、体力。

 例えば、韓国だと普通1週間おきにコンサートをやるんです。でも、日本だと1週間に何回かステージに立ちますよね。そこは頑張ります(笑)」