松雪泰子 撮影/伊藤和幸

「毎朝、5時半に起きて息子のお弁当を作っています。朝ドラの撮影があるときは特に大忙しで、“いってらっしゃい!”って息子を送り出したら今度は自分の準備をしてスタジオに向かう。お弁当の中身ですか? 基本的にはお肉、スタミナですね。食べ盛りなので、まぁよく食べるんです(笑)」

 連続テレビ小説『半分、青い。』で永野芽郁(めい)演じるヒロイン・鈴愛(すずめ)の母親・晴(はる)を演じ、その“お母ちゃん”っぷりが話題の松雪泰子(45)。実はプライベートでも高校3年生の息子を持つ母親で、

「何よりも子どものことがいちばん。それは晴さんも私も同じです。親の思い、愛情はスゴイですよね。鈴愛のルーツともなる楡野家なので、母親役は重大な任務だと思っています。優しさと愛をしっかりと表現していきたいです」

 劇中では町の食堂を切り盛りする“ふくろう商店街”指折りの美人おかみに! 松雪いわく「晴さんは肝っ玉母ちゃんに見えて、実はすごく泣き虫」だそうだが、そんな彼女も最近“号泣”した出来事が。

「息子の学校行事で合唱コンクールがあるんですが、クオリティーが高くて本当に素晴らしいんです。みんな一生懸命、練習して少年少女が歌うピュアな姿に、毎年感激して泣いてしまって。卒業式? もう考えただけで涙が……。親バカになっちゃうので、これ以上、言うのはやめときます(笑)」

 なんとも微笑(ほほえ)ましいエピソードだが、今回“娘”となる永野のことも可愛くて仕方がないようで、

「芽郁ちゃんは本当にキュート。LINEでもつながっていて、連絡もとり合っています。この前は仕事で地方に行ったので、お土産におまんじゅうを買ってきました(笑)。ヒロインってやっぱり大変じゃないですか。現場を離れているときも母親のような気持ちで見守っています」