小田急海老名駅の開発エリアに登場した『SEGWAY BASE』

 こいつ……動くぞ!

 意のままに動かせるのは『週刊女性』記者が“ニュータイプ”だから、じゃあない。誰でも自然に体現できるロボットだからだった──。

 小田急電鉄による海老名駅『ViNA GARDENS』の開発が進むエリアに、突如姿を現したモビリティロボットテーマパーク『SEGWAY BASE』(以下、SB)。立ち乗り電動二輪車として話題になった、アノ『セグウェイ』に乗ることができる日本初の大規模専用フィールドだ。

 '01年にアメリカで開発・発表されたセグウェイが、公式に日本上陸したのが'06年のこと。小泉純一郎元首相や、バラエティー番組で芸能人が乗ってはしゃぐ姿を見ることがあっても、一般では乗る場所がなく、また高額なことから無縁の乗り物と思われていた。

 そんなセグウェイを気軽に体験できるのがSBだ。

「アメリカやヨーロッパ諸国では公道走行が可能ですが、先進国ではイギリスと日本だけが認められていないのです。なので、セグウェイの先進性、テクノロジーのよさを知っていただく場として、この駅近でみなさまに楽しんでいただきたい」

 そう話すのは、セグウェイジャパン株式会社取締役で、インストラクターを務めた秋元大氏。「10年は乗っている」と豪語するだけに、自由自在に乗りこなしている。

安全のためヘルメットとエルボーガードを着用し、基本操作講習を受けてからコースへ。利用料金は15分2500円~。対象年齢16歳以上