菅田将暉 撮影/伊藤和幸

「役者をやる意義、意味ってあってないようなものだと思っていたんです。でも賞をいただいたことで、その意味がハッキリしたというか。ちゃんと僕を選んでいただいたことを、間違いじゃなかったって証明し続けなければいけないと思ったんです」

 映画にドラマ、そして歌手としてCDデビューと、その活躍が止まらない菅田将暉(25)。しかも『日本アカデミー賞』最優秀主演男優賞をはじめ、『報知映画賞』『日刊スポーツ映画大賞』『毎日映画コンクール』『キネマ旬報ベスト・テン』の主演男優賞を受賞するなど2017年度の映画賞を総なめに。

「この仕事には“夢がある”って僕自身の経験で実感できたんです。25歳でアカデミー賞だなんて夢があるじゃないですか。夢、あったなぁって(笑)。役者である前に、ひとりの人間ですから。これからも、どんどん人生を楽しんでいきたいです」

 そんな菅田を“憧れの俳優”に挙げる若手も多く、それを伝えると、

「うれしいことですねぇ。僕は小栗旬、山田孝之世代で育って、よく憧れの先輩として名前を挙げさせてもらっていました。それが今や朝まで一緒に飲んだりしてるんですよ。人生、おもろいですわ!」

 大阪出身、関西弁を使ってちゃめっ気たっぷりに話す。