写真はイメージです

 千葉県立柏井高校女子バレーボール部は、全国大会の常連校。今年1月に開催された全日本バレーボール高等学校選手権大会、通称『春高バレー』にも出場していた(2年ぶり16回目。3回戦敗退)。

 全国大会出場の切符をかけた昨年11月の県大会で優勝した際のインタビューで、顧問のひとりである男性教諭(28)は「持ち味である粘り強いバレーができた」と得意満面だった。

 保健体育の教員も務めるその顧問が体育の授業を抜け出し、女子トイレを盗撮しているところを察知されたのは、春高バレーが終わってまだ間もないころ。今年1月19日のことだった。

千葉県立柏井高校

 犯行現場は、体育館1階の女子トイレ。個室の上から差し出されたスマートフォンに女子生徒は驚き、別の教員に相談。同日、生徒と保護者は、千葉北警察署へ被害届を提出した。

 千葉県教育委員会は、

「発覚後に教師数人に話を聞きました。(当該)男性教諭は“自分はやっていない”と話していました。2月19日になって、校長に“私がやりました”と認めたんです。ほかにも昨年11月から少なくとも3回は盗撮したと話しています

 当該教諭は、校長に告白した翌日、千葉北署へ出頭した。

「現在も捜査中の事案で、逮捕はしていません。男性から話を聞いている状況です。犯行に使われたスマートフォンは押収している」(捜査関係者)

 事実を確認した県教委は3月20日に、盗撮教諭を懲戒免職処分にした。

部活動での指導や人間関係など、(昨年春に)異動して1年目で、なじんでいない部分があったようです。ただ、トラブルは聞いていません。犯行の決め手になるような理由はない」(同教委)

 同校校長も、監督責任で、減給1か月の処分を受けた。

 以前、女子トイレの盗撮のうわさが流れたこともある。

「最初は男子生徒が疑われていたんですが、まさか先生だとは……。見た目はおとなしそうで、そんなことをする人には全然見えなかった」

 そう話すのは3年生の男子生徒。体育を教わっていたという2年生の男子生徒は、

「授業中に“欲求のままに動くんじゃねぇ”とか“お前のせいでストレスがたまる”とか、けっこう言ってくるんです。結局は、お前が欲求のまま動いているんじゃねえか、って感じですよね」

 女子バレー部はすでに新しい顧問を迎え心機一転。

「職員研修を行い、再発防止に努めていきたい」(教頭)

 常勝チームの顔に泥を塗り、若き顧問は退場した。