カラテカ・矢部

 お笑いコンビ『カラテカ』の矢部太郎が『第22回 手塚治虫文化賞 短編賞』を受賞した。お笑い芸人が、また漫画家以外の人が、この賞を受賞するのは初のことだそう。

 彼はこれまで、お笑い芸人に対して与えられる賞を受賞したことがなく、人生初の快挙となった。

 受賞作品は、漫画家デビュー作の『大家さんと僕』。新宿のはずれにある一軒家の2階に下宿している矢部と、階下に住む高齢の大家さんとの交流を描き綴った“ノンフィクション”漫画だ。

 二人のなにげない会話や触れ合いが、ソフトなタッチで描かれていて、時がゆっくりと流れていくようなハートフルな漫画に引き込まれたファンは多い。それゆえ、昨年10月に発売された単行本は、あっという間に21万部を突破してベストセラーとなった。

 『週刊新潮』での連載も始まっているが、同誌でストーリー漫画が連載されるのは1956年以来、62年ぶりになるという。

 『カラテカ』といえば、相方・入江慎也の活躍が目立ち、矢部はその陰に隠れてしまっている感があるが、隠れた才能の持ち主でもある。

 父親が絵本作家のやべみつのりさんで、東京学芸大学教育学部に在籍したことも(除籍)。しかも彼、'07年に気象予報士の資格も取得している。また『語学の脳みそー11ヵ月で4ヵ国語をマスターした僕の語学のツボ』という教養系の本も書いており、漫画以外に雑誌の連載もいくつか持っている。

 もはやただのお笑い芸人とはいえない。

佐々木氏と矢部氏の出会い

 いまから10年ほど前のことだが、私が東京・汐留付近を歩いていたら、矢部くんと出くわした。顔見知りでもあったため、そんな場所で何をしているのか聞いたところ、

お金を集めなくてはいけなくて、通行人の似顔絵を描いて、買ってもらってるんです

 と言う。せっかくなので1枚書いてもらうことにした。