住人に砂を投げつける犯行の瞬間。洗濯物も狙って投げつけ泥まみれに(読者提供)

「あほ、散れ、死ね死ね」「人のもんよう取るで、泥棒人間」「カメラ撮りよるんか、ボケ」

 神戸市北区の4階建てマンションの2階のベランダからそう暴言を吐き、1階の住人に植木鉢の砂をかけるなど暴行を加えた疑いで、無職・島田八千代容疑者(71)が逮捕された。

あの液体はおしっこか

 兵庫県警本部によれば、逮捕日時は4月30日午後5時25分。島田容疑者は同日、午後4時46分ごろから数分間、砂をばらまくなどし現行犯逮捕された。

「砂は投げつけたが、当ててはいない」などと容疑を否認している。しかし、犯行の様子をとらえた動画を見る限り、大量の砂がバチバチとカメラに当たっており、カメラを持っている撮影者にも当たっていると考えられる。

「砂はしょっちゅうですね。引っ越してきた直後から、布団や洗濯物を干していたら、水とかもまかれました。

 警察が調べてくれていますが今回、たぶん、あの液体、おしっこをまかれたと思うんです。色もニオイも、間違いなく。本人が尿瓶を持ち出して“これが何かわかってるんか!”って言いながらかけてきましたからね」

「何かわかってるんか?」と尿瓶のようなものに入っている黄色い液体をまき散らす容疑者。ニオイからして尿らしいが……

 そう明かす階下の被害者だけでなく、島田容疑者の悪行の数々に嫌な思いをしてきた近隣住民は多い。

「思い込みが激しいというか、もうメチャクチャですよ。公園の近くで遊ぶ子どもに杖を振りかざしたり、公園で走っている子どもに“走るな”って叫び、警察が来たこともあります。被害妄想がひどいんです……」

 近所の住民のそんな声からは、容疑者の手のつけられない性分が浮き上がる。

 別の住人もあきれ顔で、

「怖いですよ、本当に。夜中に犬を散歩させていると、“犬や猫を飼うなんて汚い”とか言ってくる。言い返して目をつけられるのも嫌なので黙ってますけどね」

 と被害を振り返る。