ディーン・フジオカ 撮影/廣瀬靖士

「今朝は5時に起きました。最近はドラマの撮影で4~5時に起きる日が続いていたので、休みの日でも7時くらいに目が覚めると”こんなに寝て大丈夫かな“って心配になります(笑)」

 撮影中、カメラに向ける真剣な眼差しから一転、笑顔を向けてそう話すのはディーン・フジオカ(37)。爽やかなイメージから、なんとも朝がお似合いだが、

「もともと朝はそんなに強いほうではないんですけどね」

 と笑う。そんなディーンが主演を務め”壮絶すぎる“と話題なのが、ドラマ『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』。冤罪で捕まり復讐に燃える主人公・柴門暖を演じ、投獄中のシーンでは粉じん&血まみれのボロボロになった姿に注目が集まった。これには本人も、

「頭から粉じんをかぶって、口の中まで真っ黒。しかも、においもすごかったんですよ!! 洗っても洗っても取れなくて、せっかく洗い流しても数時間後には撮影でまたその姿。もうトラウマです」

 結婚詐欺師、脅迫屋、復讐鬼……と、ひとクセもふたクセもある役柄が多い!

なんででしょう? 僕自身、気になりますね。もちろん意図的ではないですよ(笑)。役者はお仕事をいただいて成立するものだと思うから、これも縁なのかな」

 ちなみに本作では”怒り“が主人公の原動力だが、

僕も人間ですから、もちろん怒ることだってありますよ

 と明かす。それでも笑顔がトレードマーク。心穏やかにいられるワケとは?

「自分が尊敬する先輩たちは、感情をコントロールできる人ばかり。知恵を使って困難を乗り越えていく姿を見て、僕自身、感情的になったらそれ以上成長できない気がしていて。復讐もオススメはしないです(笑)。幸せになるアプローチをとったほうが絶対にいいし、自分がハッピーになることがいちばんの復讐だと思うので