舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」連載。

 第33回は牧田哲也さんが柳下大さんを指名! 『週刊女性』本誌(2018年5月22日号)のスペシャル対談の続きを、たっぷりお楽しみください。

左から柳下大、牧田哲也 撮影/廣瀬靖士

あ・うんの呼吸があるから
キツめのいじりができる

──プライベートで飲みに行ったりするときに、どんな話をしてるんですか?​

柳下 何でもない会話のほうが多いかも。次の仕事なに?とか。次こういうの決まってるんだとか。芝居に関して話すことはあまりないかもしれない。演技論とかしないですね。最近だったら、やっぱりメシの話かな。ここの店がウマいとか。

牧田 大は食べることが好きだからね。魚系好きだよね。

柳下 うん、好き。あと焼き鳥とかね。

──じゃあお店を決めるのはグルメな柳下さん?

柳下 牧田と行くときは、店の候補を出してくれて「どこがいい?」って決めてくれるので、任せる。あとはだいたい(平田)裕一郎が一緒なんで、彼が「どこ行きたい! 何食べたい!」ってなってるから、そこでいいやって。

牧田 裕一郎が、「大を呼ぼうよ」ってなるので。大のこと大好きなんで。

柳下 ハハハ。

──3人で飲むとまた違ってくるんですか?

柳下 俺と裕一郎が仲良くて、マッキーをはぶく(笑)。

牧田 アハハハハ! そうなんですよ。

柳下 でも、そういうのは、同期だし長年ずっと同じ環境にいたからこそかもしれないですけど、“あ・うん”の呼吸みたいなものがあるからできるんで。こうイジったら、こう返してくれるとか。こうボケたら、こうツッコんでくれるとか。

──牧田さんのことは、どうイジると面白くなるんですか?

柳下 とりあえず、さげすむとファンは喜んでくれるから(笑)。

牧田 けなすんですよ(笑)。

柳下 でも、仲イイからけなせるって、ファンもわかってくれてるからね。で、牧田もイジるし、お互いがなんにも嫌な感じはないし。

牧田 時々、嫌な感じはありますけどね、イジりが強すぎて(笑)。

柳下 アハハハハ! それをお互い面白がってるっていう。ホントに気を使わなくて平気な相手なんで。

牧田 そうですね。だから、仕事のこととか真剣な話もしやすいです。共有することができる人っていうか。

柳下 マッキーは真面目なんですよ。お芝居観るのも好きだし、映画観るのも好きだし。僕の舞台もよく観に来てくれるんです。そのときは素直にどう思ったかっていうのを、聞きますね。いい面も悪い面もストレートに言ってくれるから。