佐々本容疑者の自宅玄関には《佐々本さんはしばらく不在となります》と貼り紙が

「警察の方から聞きましたけど、妹が発見されたとき(5月3日)は鼻血が出ていて、布団にくるまって泣いていたそうです。その日、警察署に行きマジックミラー越しに本人確認をしただけで、まだ妹に直接会えていません。少しやせていましたが、無事見つかってよかったなと思います」

 そう安堵の表情を浮かべるのは被害女性の姉だ。妹の現状を、次のように伝える。

「今は警察の方が妹を安全なところに保護してくださっているので、まだ何が起こったのか(詳細が)わからないというのが実感です。妹は精神状態が安定してなくて、男の人が怖くなったみたいで……。取り調べも、女性警察官が担当されていると聞いています。精神的にも相当なダメージを受けたんでしょうね」

「また家出か」

 事件は昨年夏、島根県浜田市で起きた。当時、19歳だった被害女性は、姉とのケンカが原因で家出。7月14日の出来事を姉が明かす。

「私と妹はよくケンカをしていて、そのたびに妹は家出をするんです。学校の先生と夜遅くまで探し回ったりすることが頻繁にあったんですよ。その日の昼間、警察から連絡があって、妹が友達からお金を盗ったみたいだって。そのことを問い詰めたんです。そしたら出て行ってしまった。

 また家出かという思いもあったし、お金を盗ったのは事実なのかなって思ったこともあり、正直、あまり心配していませんでした。だから届けを出すのが遅れたんです」

 妹が行方不明になってから1か月半後の昨年9月1日。家族はやっと行方不明届を提出した。その経緯は、捜査関係者が詳しい。

「日常生活に問題はないようですが、被害女性には軽度の知的障害があります。昨年8月1日に、女性を支援する市の職員が自宅に帰っていないことを把握し、警察へ通報。家を飛び出した直後の7月22日に被害女性の弟と友人が、市内の神楽の会場で被害女性を見かけて“帰ろう”と声をかけたが応じなかった。

 家族は“友人の家にいる”などと話していましたが、あまりに期間が長いため、警察が家族を説得し行方不明届を出すに至ったという流れです」