※写真はイメージです

 現在放送中のドラマは、人気シリーズの続編『特捜9』や鈴木京香と波瑠が出演する『未解決の女』など、テレビ朝日系のドラマが強い。嵐・二宮和也主演の『ブラックペアン』(TBS系)も健闘中だが、これといって話題になっているドラマがない印象だ。

“史上最低視聴率”が更新されていく

 今年1月~3月に放送されたドラマは、注目度が高い作品が多かった。

「前作が大ヒットした『99・9─刑事専門弁護士─SEASON II』(TBS系)や、木村拓哉さんが主演ということで話題を呼んだ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)、『逃げるは恥だが役に立つ』で大ヒットした脚本家・野木亜紀子氏が書き下ろした『アンナチュラル』(ともにTBS系)などが人気でした」(テレビ誌ライター)

 前述の3ドラマが平均視聴率TOP3となったが、

「『99・9』が17・6%、『BG』が15・2%、『アンナチュラル』が11・1%でした。全話平均視聴率で2ケタをキープしたのはこの3作品のみ。ほかは10%を割っています」(同・テレビ誌ライター)

 好調だった3作品とは対照的に、このクールで不発となてしまったのが月9。朝ドラ『べっぴんさん』(NHK)でヒロインを演じた芳根京子が主演を務めた、人気マンガが原作の『海月姫』(フジテレビ系)は、月9史上、全話の平均視聴率が過去最低を記録してしまった。

月9史上最低の平均視聴率となってしまった『海月姫』

「一時はフジの看板枠だったのに、今ではスポンサーを降りる企業もあるほどです」(ドラマ制作スタッフ)

 近年、全話平均視聴率が20%を超えるようなドラマは少なくなっている。

「’11年放送の『家政婦のミタ』(日本テレビ系)や、’13年放送の『半沢直樹』(TBS系)は40%を超える視聴率をたたき出しましたが、それ以降はヒットが少ないですね」(スポーツ紙記者)

 メディア論に詳しい法政大学社会学部教授の稲増龍夫氏は、その背景をこう分析する。