※写真はイメージです

 “ドラマ離れ”を防ぐべく、撮影現場では日々、努力が重ねられている。しかし、現在は予算が割けない“ドラマ不況”の真っただ中。良作を作りたい気持ちと、お金をかけられない現実が交錯している。

 脚本や演出だけではなく、撮影現場を取り巻く環境も厳しさを増しているようで、スタッフからは数々の悲鳴が。以前とは変わってしまったドラマの撮影現場の様子を聞くと、スタッフたちの苦労が浮き彫りになって─。

腹が減ってはいい演技はできぬ

 撮影の楽しみといえばやっぱり差し入れ。一風変わったものは特に喜ばれるそうで、

「『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)に出演していた石坂浩二さんは、まぐろの解体ショーや、吉野家のキッチンカーを差し入れていました」(ドラマ制作スタッフ)

 石坂が自腹で差し入れをしたのには、ワケがある。

石坂が差し入れたマグロの解体ショーは、味も迫力も大満足だったそう

「最近は、ゴールデン以外のドラマではロケ弁が出ないことも多いんです。食の多様化でグルテンフリーなどを気にする人が多く、予算の都合で対応しきれずカットした現場も」(同・制作スタッフ)

 長時間の撮影でなかなか家に帰れないスタッフにとって、ロケ弁は大事な栄養補給。頼みの綱がなくなり、彼らの士気は下がる一方だとか。

撮影を前倒しに!?気温調整は命がけ

「ここのところ、主演俳優の都合で撮影スケジュールを前倒しにしているドラマが多くあります。一般的には、放送しながら並行して撮影もすることが多いのですが、冬ドラマの撮影を夏に、夏ドラマの撮影を冬に行うことも」(制作スタッフ、以下同)

 実際の季節と撮影シーンの気温が正反対になることもあり、現場ではスタッフの必死の取り組みが……。